img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

冷房病に当帰四逆加呉茱萸生姜湯

昨日の漢方外来に来られた女性です。

2ヶ月ぶりにお顔を拝見しました。

開口一番、「先生、冷房で冷えたら頭痛が始まるし、だるさも出るし、調子悪くなった」と。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)を冬から春まで飲んでいました。

冷えて、手足が痛い、カゼをひきやすい等を訴えていたのが、この漢方薬でコントロールできて調子良かったです。

気温が上がってきたし、調子も良いので一旦内服を中止します、と言われたのが2ヶ月前でした。

先週から岐阜は暑くなり35℃以上の日も出てきたので、室内で冷房が入るようになりました。

それが良くなかった。

彼女のとっては冷えは大敵です。

すぐに足が冷え、腰が痛くなり、頭痛も始まりました。

だるくなり、仕事に支障が出てきました。

ということで、単純に内服を再開しました。

同じ日に、当帰四逆加呉茱萸生姜湯を中止したら月経不順が再開して困った方がおられました。

冷えて良いことはないみたいです。

温める!

 

M2 competition4 .jpg