img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

それは冷えか、アレルギーか、それともカゼ?

鼻水が止まりません、と訴える保育園児がいます。

ここ1週間前から鼻水が止まらない、鼻が詰まる、呼吸が苦しい、咳が時々出ると言われます。

ここ1週間で増えているのは、外気温が高くなってきたので部屋を閉め切ってエアコンをつけるために冷えて鼻水が出る人です。

冷えるとともに室内のダニ、ハウスダストも空気中でグルグル回すことになるので、アレルギー反応が起きている場合があります。

さらに冷えてカゼをひいて鼻水が止まらないこともあります。

この3つがすべて重なっている場合も見ます。

ですから、よく観察して何が原因かなと考えてみてください。

冷えるなら温めればいい。

例えば、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)です。

おなかが冷えるなら人参湯(にんじんとう)でおなかを温めると鼻水が改善されることがあります。

アレルギーとわかれば、麻黄附子細辛湯、小青竜湯の他に、単純に抗アレルギー薬を飲めば良いです。

漢方薬+抗ア剤も大丈夫です。

本当に鼻カゼなら、麻黄附子細辛湯、小青竜湯の他に、葛根湯、麻黄湯(まおうとう)なども使えます。

症状を見極めると、サッと治る可能性は高まります。

 

20190731_2000553.jpg