img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

季節によって漢方薬を使い分ける人

40代女性です。

不安神経症があり精神科の薬を飲んでおられました。

不眠も重なり、漢方薬を求めて当院を受診されました。

加味帰脾湯(かみきひとう)が自分に合っているとのことで、これをずっと飲んでいます。

彼女にはもう1つ悩みがありました。

受診された時期は冬だったので、月経困難、口唇の乾燥、足腰の冷えを強く訴えていました。

温経湯(うんけいとう)が症状の改善に有効でした。

ところが、ここ2ヶ月間で顔面ののぼせ、汗を多くかく、月経痛が目立ってきました。

冬場と全然症状が違います。

同じ人でこうも違うのかと感じます。

これも現実ですので、温経湯を中止して桂枝茯苓丸加ヨクイニン(けいしぶくりょうがんかよくいにん)をお出ししたら、「のぼせなくなって調子がいい!」と。

夏場はこれで決定です。

皮膚疾患で、冬と夏で皮膚の様子が違うので漢方薬を変更することはよくありますが、それ以外でも普通に対応すればよいのですね。

勉強になりました。

 

20190708_1993158.png