img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

小建中湯で夏を乗り越える

夏バテには補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、清暑益気湯(せいしょえっきとう)が有効だと思います。

あ、しかしお子さんには小建中湯(しょうけんちゅうとう)の方が合っているな、という場合があります。

暑くなると食べられない、食べても太らない、痩せている、おなかをくすがったがる、腹直筋がピンと緊張する、なぜか睫毛が長い、目の周りにクマができている等。

こういうお子さんを診たら小建中湯です。

2週間、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月と淡々と続けてみます。

まず元気が出てきます。

カゼをひかなくなります。

便秘があればお通じが良くなります。

この漢方薬に含まれる膠飴(こうい)という漢方のアメが重要です。

これが腸内細菌のエサになり、腸内細菌の状態が良くなり、次々と体調が良くなる方向に向かいます。

甘い漢方薬なので、是非試してみてください。

 

20190709_1993452.png