img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

暑くなると食べられなくなる

梅雨明けが近い東海地方です。

気温が上がり湿度が高いです。

先週から、「食べられなくなってきました」、「食欲が出ません」という訴えが少しずつ増えてきました。

食べられない原因はさまざまです。

胃腸の動きが悪くなり消化しない、おなかが空かない、無理に食べるともたれるなら六君子湯(りっくんしとう)です。

手足がだるく、朝起きられず、全身的にパワーダウンして食べられないなら補中益気湯(ほちゅうえっきとう)です。

暑さで気持ち悪くて、頭が痛くて食べられないなら五苓散(ごれいさん)です。

病気で療養中、抗ガン剤などを内服中、あるいは注射薬の治療中で食べられないなら十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)です。

食べすぎてもたれて食べられないのは、食べなきゃいいんですが平胃散(へいいさん)です。

暑い環境下で仕事をしていて、ぶっ倒れそうになり食べられないのは清暑益気湯(せいしょえっきとう)です。

何か手をうつことにより、少しでも食べられるようになるといいですね。

 

20190605_1980098.png