img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

鼻カゼはどうしてますか?

どうしてますって?

自分で治しています?

ようわからんうちに治ってるわ、と言われる方もあるでしょう。

そうなんです、実際。

鼻カゼはライノウイルスなどのウイルス感染症ですから、自分で治さないといけません。

自分が治す気がなくてもカラダが勝手に治してくれています。

総合感冒薬の中には抗ヒスタミン薬が含まれています。

総合感冒薬を飲むと眠気が出る人がいるのはこの成分のせいです。

鼻水を止めるというか鼻水を固めておく作用があります。

炎症は止めません。

鼻炎の炎症はあくまでも御自身が止めるのです。

ですから、鼻カゼが治らないのは自分で治せていないということです。

アレルギーがあれば、抗アレルギー薬が有効かも知れません。

アレルギーもなければ自分で治すことになります。

そこで、困ったら漢方薬です。

例えば、葛根湯です。

適応に、「鼻かぜ」と書いてあります。

1日2回、3回と飲むと鼻炎が治ります。

中に含まれる麻黄(まおう)が有効なのだと思います。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)も有名です。

花粉症で有名になりましたが、もともとは水様性鼻汁が出れば使えます。

アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)、鼻カゼ、どちらも使えます。

小青竜湯は、「水っぽいものがカラダからプッシャーと出たら」使えます。

プッシャーと出る原因がアレルギーであろうが、カゼであろうか構わないのです。

症状を見て使ってください、ということです。

病名に振り回されないでね、ということ。

他にも手がありますから、鼻カゼが気になったら漢方薬を試してください。

 

33349516.thm.jpg