img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

のぼせる女性

昨日の漢方外来では、女性の更年期障がい、特にのぼせの相談が集中しました。

たまたまでしょうが、重なりました。

40代後半まで、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)をずっと飲んできて調子が良かったです。

もともとは、冷え、月経困難、手足のむくみで困っていました。

当帰芍薬散が著効して漢方が好きにあり、1日1回あるいは2回で飲んでいます。

もう数年経ちます。

ここ1,2ヶ月前から月経時に急にのぼせるようになって困っていると。

診察上、気になったのが目の周りのクマです。

微小循環障がいが原因でしょうから、桂枝茯苓丸加ヨクイニン(けいしぶくりょうがんかよくいにん)を追加処方しました。

2週間試していただいて、のぼせの回数が減り、症状が軽くなればありがたいです。

当帰芍薬散と桂枝茯苓丸は女性のタイプが違いますが、併用は構いません。

漢方は、こういうところが緩いというかおおらかです。

 

20190527_1976693.jpg