img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

慢性便秘と漢方薬

昨日は、「慢性便秘と漢方薬」の勉強会に参加してきました。

慢性便秘は、「生命予後に影響を及ぼす」という衝撃的なデータが出てきました。

慢性便秘は改善した方が長生きできるということです。

「心血管障害死と排便回数の関係」にもデータが出され、排便回数が少ないほど、心血管障害死が多くなる傾向らしいです。

ですから、お通じは良いに越したことはない、です。

続発性便秘には、@器質性、A症候性、B薬剤性の3つがありますが、最近はBの薬剤性によるものに注意が必要です。

抗うつ剤、睡眠薬、抗不安薬、解熱鎮痛剤など多岐に渡る内服薬による便秘が馬鹿にならないようです。

原発性便秘として、過敏性腸症候群、機能性便秘、機能性部排出障害(直腸性)があります。

西洋薬での限界が見られたら、ためらわず漢方薬を追加する方法があります。

大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)、大建中湯(だいけんちゅうとう)、麻子仁丸(ましにんがん)が有名でよく使われます。

まだ他にも手があります。

是非快適な排便を。

 

20190702_1991183.png