img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

桃核承気湯が効きすぎたが

40代女性です。

頑固な便秘で困っていると言われます。

両下腹部、特に左下腹部に著明な圧痛があります。

これはまさしく桃核承気湯(とうかくじょうきとう)の適応だと思いました。

2週間後再診。

「先生、あれは効き過ぎ!お通じが頻回で仕事の時困った」

失礼しました。

「ただ、おなかの中がすっきりしたおかげか、頭は冴えるし、気分がいい」

いいこともありました。

ただ、このままでは日常生活に支障が出るので他の漢方薬を試すことになりました。

最近は桃核承気湯を在宅や自宅療養中で便秘で困っている方に処方しています。

こういう方にこそ漢方薬による強い生体側の反応を引き起こして排便してもらう作戦に出ています。

なかなか好評です。

下剤、浣腸、摘便でお通じを促している方々には朗報です。

この漢方薬が強い漢方薬ではなくて、飲んだ人に強い生体側の反応を引き起こす、そうすることで便が出るという仕組みです。

麻黄湯(まおうとう)が強い漢方薬というわけではなくて、免疫を立ち上げ、発汗させて解熱するという強い生体側の反応を引き起こすことによって、年配の方でも解熱させることが可能です。

漢方薬の効き方について、こう話しています。

 

20190620_1985869.png