img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

ずっと漢方薬を飲む

女性で加味逍遙散(かみしょうようさん)を飲んでいる方がいます。

もう4,5年は継続的に飲んでいます。

クスリがなくなると外来に取りに来られます。

「調子いいです、1日1回飲んでいるぐらいですが」

え?それでいいの?って思いませんか。

私もそう思いました。

1日3回で飲んでくださいと処方箋に書いてあるのですが、1日1回しか飲んでいない、しかも調子がいいと言っている。

何で?

この方が月経前後になると超イライラになって家族(特に旦那さん)に暴言を吐いていました。

お子さんも月経前後は近づいて来ない状況でした。

今は全く明るく笑顔で過ごしておられます。

加味逍遙散を飲むと、微小循環障がいが改善され、周囲に迷惑な精神不安状態に対する応答を引き出します。

漢方薬を飲むと、生体側にこういう応答を引き起こすのです。

だいたい1週間から2週間飲むと合うかづかわかります。

この方は最初は1日3回飲んでいましたが、1日2回、1回と内服する量が減っても、生体側の応答が出る状況なのでしょう。

こういうケースは抑肝散(よくかんさん)を飲んでいる方もあります。

イライラ、カリカリしていたので抑肝散を1日3回飲んだらイライラ、カリカリはほとんどなくなった、今は1日1回飲むだけで症状は安定している。

こんな感じです。

最初は1日3回から始めましょう。

あとは経過次第で、飲む回数を減らしても大丈夫です。

究極は飲まずに調子がいいのが最高です。

漢方薬だってクスリですから、飲まずに済むならそれがいい、と思っています。

 

20190405_1957144.jpg