img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

ヨクイニンの内服量

お子さんは体重あたり0.2g/日量以上を処方しています。

これを1日2回に分けて飲んでもらっています。

外来では水イボ(伝染性軟属腫)を目標に使うことが多いです。

この量で1ヶ月飲むのですが、新たな水イボが出てくる場合は、内服量を増やしています。

少しずつ増量して新たなイボが出ないなら大丈夫です。

一時的に2倍量、3倍量を試していましたが、そこまで増やさなくても治っていくようです。

最低3ヶ月間、長いと1年間飲んでいたお子さんがいました。

ヨクイニンを飲んだお子さんの血液中に抗体が産生され、キレイに消えていく様子を何回も経験しています。

悩んでいるお子さんは一度試すと良いです。

味はそれほど苦くなく、漢方嫌いのお子さんも何人か飲んでいました。

大人は錠剤があります。

1回3錠、1日3回から始めて、1回6錠まで増量しています。

 

33368162.thm.jpg