img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

女子高生の胃食道逆流に漢方薬を

高1の女子です。

小学校の頃から通院している方です。

すっかり大きく成長されました。

以前は虚弱体質、過敏性腸症候群、腸閉塞などで入院治療を受けたりしていました。

来院するときは、すでに重症感がある状態ばかりでした。

今回は胃がもたれる、食べると気持ち悪くなる、胃の通過が悪い感じがする等を訴えています。

内科の薬を飲んでも、症状がスッキリ取れないそうです。

心窩部に圧痛あり、上腹部が軽度膨満しています。

内科的には胃食道逆流があるでしょうと言われています。

このまま症状が続けば胃カメラ(胃内視鏡検査)を受けることになります。

そこで六君子湯(りっくんしとう)を処方しました。

内服開始して3日、4日目から、「胃がスッキリして、物がスッと通っていく感じがする、つらくない」と。

内科の胃薬も併用です。

2週間内服したら、症状が消えてしまったので、次回また症状が出たら内科の検査を受けることを条件に一旦内服を中止しました。

六君子湯は、胃底部に食物が溜まり、十分に粥状にこなしていきます。

胃粘膜の血流も良くなり、食欲も出るし、ありがたいです。

何より、六君子湯は飲みやすいです。

冷える方には特に合います。

熱いお湯で1日2回、3回飲まれると良いです。

 

new BMW3 1 .jpg