img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

気管支喘息に麻杏甘石湯

昨日は急な低気圧に伴って、夕方の外来に喘息発作が起こったお子さんが来院されました。

年に数回、喘息発作を起こします。

間欠型のようで、1週間、2週間治療して経過をみても、ずっと調子が良いままです。

カゼや低気圧を引き金に発作を時々起こすタイプのようです。

気管支拡張剤の吸入で発作はほぼ治まり、あとは内服薬でフォローします。

抗アレルギー薬に追加して、麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)を飲んでいます。

西洋薬の鎮咳薬を飲んで対症療法するよりも、積極的に気管支の炎症を抑制し、気管支を拡張してくれるので助かります。

喘息に限らず、痰がからむ咳には有効です。

麻黄(まおう)が胃に障る大人は使いにくいですが、お子さんはまず大丈夫です。

症状が落ち着けば、予防的に飲むことはせずに、サッと内服中止にしています。

抗ア剤のみ続行が多いでしょうか。

声がかすれたり、ノドがカサカサする咳も同居することはよくあります。

そういう時は、麦門冬湯(ばくもんどうとう)を併用します。

こちらは甘くて飲みやすいです。

麦門冬湯そのものも、気管支喘息の適応があります。

 

20190321_1952316.png