img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

お子さんの過敏性腸炎?

先月からお子さんの腹痛、便秘、下痢の相談が続きます。

胃腸炎が流行していたので、胃腸炎と診断がついたものは除外です。

感染症ではなさそうなのに、繰り返す腹痛、便秘、下痢が見られます。

市民病院などで検査を受けるも異常なし、過敏性腸症候群でしょうか、と返事が帰ってきます。

西洋薬に専用の錠剤があります。

それで症状が軽快することもあります。

錠剤がまだ飲めない年齢だと困ってしまいます。

定番的には桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)があります。

便秘も頑固なら、桂枝加芍薬大黄湯(けいしかしゃくやくだいおうとう)です。

虚弱なら、ほぼ内容は同じですが、小建中湯(しょうけんちゅうとう)があります。

これらで治るケースは多々ありますが、症状の改善がないときは、違う漢方薬を試していきます。

ここ数年で、こういう相談が一番多い気がします。

皆、ストレスだらけ?

何が起こっている?

 

20190424_1964355.jpg