img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

辛夷清肺湯を使う

慢性鼻炎のお子さんは結構います。

今までそういう目で患者さんを診ていなかったのですが、頻回に受診されるお子さんをよく見ていると、慢性鼻炎のお子さんはいますね。

それと、慢性副鼻腔炎のお子さんも一定の割合でいます。

耳鼻科の先生の長期間通院されているケースがほとんどです。

うちでは、耳鼻科に比べれば患者さんの数は少ないです。

この方々の慢性の鼻炎、副鼻腔炎をどうやって改善していくかということです。

抗ヒスタミン薬は鼻閉を悪化させるので使いません。

抗生剤、抗アレルギー薬などは、程度によっては併用です。

問題は、「つまった鼻水が出てこない」という点です。

ここに辛夷清肺湯(しんせいはいとう)を使います。

これがまた苦いんですが、意外にお子さんたちは飲んでくれます。

1週間、2週間と少し長めに飲んでいただきます。

すると、ネバネバドロドロの粘稠な鼻水が鼻腔、副鼻腔から出てくるようになります。

かなり鼻がスッキリ通って、呼吸が楽になります。

調子良くなったからと、サッと内服を中止すると元の症状に戻ってしまうことが多いので、1ヶ月、2ヶ月と飲んでから、少しずつ内服量を減量することもあります。

一度お試しください。

 

20190413_1960536.png