img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

高齢者の誤嚥防止

高齢者の誤嚥はよく問題になります。

誤嚥した後に、肺炎を併発することがるからです。

一度肺炎になると、なかなか治りが悪く治療経過が長くなることもしばしばです。

ずっと寝たきりで入院治療をしていると、中にはボケが始まることもあります。

なるべく、誤嚥を防止したい、誤嚥しても肺炎になりにくくならないかと思います。

そこで、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)です。

よく誤嚥する方には、1日2回で継続的に内服することも可能です。

嚥下反射の改善にも良いとされています。

実際肺炎になってしまったら、肺炎の治療を優先します。

誤嚥した後、肺炎になってきたと判明したら清肺湯(せいはいとう)を抗生剤と併用します。

痰が少なくなったり、痰が切れて出やすくなります。

いざとなったら、西洋薬、漢方薬総動員です。

 

20190419_1962706.jpg