img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

急な筋肉痛には

思い荷物を持った後、お孫さんを抱っこした後、などに筋肉痛が起こります。

急に起こった、という場合には、麻杏よく甘湯(まきょうよくかんとう)があります。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)と間違わないでください。

こちらは、痰がからんだ咳、気管支喘息用です。

麻杏よく甘湯は、1週間から2週間飲むと有効かどうか分かります。

こういう時は効くんだな、と分かれば、次回同様のシチュエーションで使えます。

陸上を競技をやっている人はもちろん、スポーツ全般、農作業、建設関係の人などにも応用できます。

これがどうも効かない時は、慢性筋肉痛用があります。

よく仁湯(よくいにんとう)です。

ヨクイニン単独のものとは別物です。

これも注意が必要です。

 

20190419_1962707.jpg