漢方外来をご利用ください 

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

起立性調節障害

朝起きられない、おなかが痛い、頭が痛いと訴えるお子さんがいます。

市民病院で起立性調節障害と診断されました。

起立性低血圧の錠剤はあるので、血圧はちょっと持ち上がります。

それに伴い、多少朝は起きられるようになったりします。

しかし、これは体質なので、なかなかすべての症状が緩和されるわけではありません。

そこで漢方薬の登場です。

と言って特効薬があるわけではありません。

あれこれと体質を聞いて、診察して試してもらいます。

お子さんの不定愁訴も、大人と同様に何度も話を聞いて、あれこれ試していきます。

もともと元気がなく虚弱、食欲がない、食べても太らないお子さんには小建中湯(しょうけんちゅうとう)です。

緊張が強くて、おなかが痛くなるようなときは、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)です。

めまい、動悸が強い場合は苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)です。

冷えて、めまい、胃腸虚弱なら半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)です。

まだまだ手があります。

 

20190401_1955730.jpg