漢方外来をご利用ください 

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

鼻水が半年間止まらない

2歳の男児です。

相談内容は、「鼻水が半年間止まらない」です。

そんなバカな、と思ってしまいますが、どうも本当のようです。

カゼを繰り返しているだけか、アレルギーがあり頻回にアレルギー反応が起こって鼻水が出るのか、その両者か。

お母さんの話を伺うと、アレルギーはなさそうと。

はっきりアレルギー性鼻炎の症状、既往歴がなくても、親がアレルギー体質だと、お子さんにアレルギーのスイッチが遺伝していることは間違いないです。

抗アレルギー薬を試しに飲んだら、鼻水がピタッと止まった!という例はいくつもあります。

アレルギーがないか、はっきりしないときはどうしましょう?

ここで漢方薬の登場です。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)単独でいくか、鼻閉も気になれば、小青竜湯+葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)でいきます。

お子さんでも冷えが強ければ、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)です。

胃腸が弱いなら、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとうです。

おなかが冷えるなら、人参湯(にんじんとう)です。

このあたりを少し長めに飲み続けると、鼻水が止まってきます。

 

20190408_1958461.png