img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

家人を呼ぶ

偉い先生の本にも書いてありましたが、うちでもありました。

漢方外来に来られる年配の方で、便秘の相談は意外に多いのであります。

無理矢理下剤で出している、浣腸をしている(!)、出るけどお尻が切れている、、、。

スムーズに出ないもんかねー、と言われます。

漢方薬にも便秘に使えるシリーズがあるので、あれこれ試して自分に合うものを探してもらいます。

西洋薬との併用でちょうどいい、ということもあります。

80代女性です。

便秘には大黄甘草湯(だいおうかんぞうとう)を使っておられました。

もう5,6年内服を続けていて調子が良かったのですが、1,2ヶ月前から便が出にくくなってきました。

先日は旅行に行き、生活のリズムが変わって、さらに出にくい状況になってしまったと相談がありました。

大黄甘草湯では出そうにありません。

便がカチカチになっていると言われるので麻子仁丸(ましにんがん)を飲んでもらいました。

なんと翌日大量にの便が出て、トイレが詰まりそうになりました。

その時彼女は家人を呼びました。

「出たよー」

呼ばれた家人は何事かとトイレに駆け付けましたが、大量の便がそこにあっただけです。

本人さんは、とても嬉しかったみたいです(苦笑)。

漢方薬が劇的に合うと、家人を呼ぶ人がいます、。というお話でした。

 

20190409_1959203.jpg