img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

小児科の周辺の病気

お子さんがカゼをひいた。

熱が出たら小児科、耳が痛いなら耳鼻科受診となります、おそらく大半の人は。

それでよろしいです。

熱が出た、発疹が出たら、小児科と皮膚科受診ですかね。

鼻カゼひいた、目が腫れた、目やにが出るはどうします?

それぞれの専門家受診が間違いないでしょう。

が、しかし時間が取れないときは一緒に診ればいいいじゃないですか?

ということで、うちは何でも屋ですから、何でも相談して来られます。

できることはやって、わからないことは専門の先生に紹介しています。

すべてが漢方で治るとも思っていません。

上手に西洋薬を使って、うまく治らないところを漢方薬で補完する方法もあります。

これに関しては漢方でなきゃ無理、というところは漢方薬を使います。

なるべく少ない薬で、短期間にキレイに治すことを目標にやっていきましょう。

お薬手帳持参だと助かります。

うちはなぜだか他院の薬の説明を求められることが多いです。

その上で、困ったことに対応する話をします。

もちろん漢方薬ではダメだった、いうこともあります。

そうであっても、今どんな治療をしているのか把握していない患者さんが意外に多いことにビックリします。

 

20190402_1955928.jpg