漢方外来をご利用ください 

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

お子さんの不定愁訴

季節の変わりめになると、お子さんでも不定愁訴が増えます。

大人でもありますよね、お子さんでもあるんです。

朝おなかが痛い、頭が痛い、足が痛い、起きられない、気持ち悪い、食べられない、、、。

1つ1つの症状を拾って、きちんと診察します。

必要であれば検査もします。

市民病院などに精密検査の依頼をするいこともあります。

まずは大丈夫ですが、ごくまれに病気が見つかることもあります。

あれこれ調べても異常がない、しかし、訴えが続く、治らないとなれば西洋薬はお手上げです。

心療内科で薬をもらうのは躊躇しますよね。

そこで漢方薬の出番です。

お子さんの訴えにあまり引っ張られずに、このお子さんの体質は何だろうと診ていくと良いです。

神経過敏だな、便秘がちだな、胃腸が弱いな、冷え症だな、とか。

小建中湯(しょうけんちゅうとう)、柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)などを駆使しながら対応します。

西洋薬との併用も行います。

1-2週間飲んでは確認の繰り返しです。

 

20190316_1950551.png