img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

急性胃腸炎の漢方治療

これから胃腸炎が多くなってきます。

ロタ、ノロウイルス腸炎は結構症状がきつく、水様の下痢がなかなか止まりません

乳幼児だと脱水になりやすいので下痢を早くおさめたいと考えます。

嘔吐は、ナウゼリン坐薬が有名です、点滴ではプリンペラン注射薬が外来、病棟でも使われます。

これが効かないお子さんがいる時は、五苓散(ごれいさん)です。

吐き気がある、吐いてしまったけどノド、口が渇いて水分を欲しがる時によく効きます。

外来で五苓散坐薬を作ってありますので入れるか、お湯で溶かしてお尻からゴム管で注入します(注腸と言います、痛くない、点滴するくらい効くこともある)。

大人は点滴中にちびちびお湯に溶かして飲んでもらいます。

水分を欲しがらない時は、小半夏加茯苓湯(しょうはんげかぶくりょうとう:妊娠のつわりでよく使います)、二陣湯(にちんとう)、六君子湯(りっくんしとう)が良いです。

次は、下痢です。

1歳以上であればロペミンなどの下痢止めがありますので、これで止まれば良いです

細菌性腸炎(大腸菌、ぶどう球菌など)の時は、下痢を止めずに出した方が良い時もありますし、まずは抗菌剤で細菌をたたくことが先決です。

漢方薬は細菌にはそれほど強くありません(印象)。

得意なのはやっかいなウイルス性腸炎です。

特に下痢が遷延した時には効果を発揮してくれます。

急性期で、元気だけど下痢がある時は、胃苓湯(いれいとう)、おなかがゴロゴロする時は半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)、キリキリ痛みがある時は桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)が良いです。

おなかを触ると冷え冷えとする時があります。

これには人参湯(にんじんとう)、発熱があったら桂枝人参湯(けいしにんじんとう)です。

下痢が長引いてグッタリして起き上がってこない時は、啓脾湯(けいひとう)、真武湯(しんぶとう)が結構効きます。

お子さん1人1人状況が微妙に違いますから、この通りうまくいくとは限りませんが、整腸剤だけでなかなか症状に変化がない時は頑張って飲んでみる、飲ませてみるとうまくいくことが多いものです。

これは大人にも当てはまります(処方もそのまま大人も使えます)。

 

 005.jpg