漢方外来をご利用ください 

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

葛根湯のお話

カゼには 葛根湯と言いますが、カゼ薬ではありません。

と言っても私も5年前まで知りませんでした。

さまざまな作用がありますが、最初に覚えたのが、首から上の炎症に効くということです。

カゼに効くというのはよく知られていますが、結膜炎、中耳炎、畜膿症(副鼻腔炎)、肩こり、蕁麻疹、歯痛、夜尿症、乳汁不足などに使われます。

外来で顎関節が痛くて口が開かない、というお子さん2人に1-2日で効いた経験がありました。

顎も首から上ですものね。

整形外科では、肩こりに処方されますが、小児科でもパソコン、ゲームばかりをやっていて首が痛い、肩が痛いというお子さんにも効きました。

乳汁分泌不全(おっぱいの出が悪い)の時に、お母さんに葛根湯を飲んでもらうと、うっ滞していたおっぱいが出るようになります。

また、乳腺炎を起こしている時は、乳房の炎症を抑えておっぱいが出るようになります。

 

参考) 

 葛根湯を飲んで効果発現までの時間は、

カゼ:5分で体が温まって30−40分で解熱

肩こり:1−2時間で、体が熱くなり、発汗して肩こりが解消

乳汁分泌不全:8−12時間で乳汁分泌が盛んになる

副鼻腔炎:3−7日で効き始めるが、十分な効果が出るまで数ヶ月

 

 

薬は、温めて飲むことが大事です。

私は最初ずっと冷たい水で飲んでいました。

全く効かないので漢方って効かないじゃん!と思っていました。

お湯で飲んだら、すぐ効いたことがあります。

お子さんは、お湯では飲めませんので、とりあえず何でもよいから飲めたらほめる、また飲む、を繰り返すとうまくいきます。

1回に全部飲めなくても大丈夫、毎回半分ずつでも飲めたらほめてあげましょう(ほめない人が結構います)。

 

 476_3.jpg