漢方外来をご利用ください 

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

もうですか

昨日、外来に中学生の女の子が受診されました。

「もうそろそろ始めておきます」

昨年生まれて初めて漢方薬を飲んだお子さんです。

生来冷え症で手足の末端が極端に冷えます。

冬は手指がしもやけになって困ると言われ、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)を飲んでもらったところ、手指がしもやけにならず母子で大喜びしていました。

もうちょっと早めに飲み始めれば、もっと調子が良くなるかと思い、今年は早めに来ました、そういうことらしいです。

早めに飲み始めれば、昨年より冷えは軽く済む可能性はあります。

しもやけもさらに軽いかも知れません。

今月末から飲み始めるそうです。

また、経過をみせてもらいます。

冷えの対策は早めが良いです。

 

01b3cdf84a.jpg

小青竜湯を飲む

鼻水が出る、くしゃみが出る

鼻カゼかと思われます。

水っぽい鼻水なら、極端な冷え症や暑がりでなければ、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)を飲みます。

中に入っている五味子(ごみし)のために、「すっぱ苦い」と感じる人が多いです。

お子さんたちも、そう言っています。

私が鼻カゼをひいたら、葛根湯を飲みますけどね。

麻黄湯(まおうとう)を飲むと心臓がバクバクする気がしますので、飲めません。

麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)では弱すぎて、鼻水が止まりません。

小青竜湯は、鼻カゼだけでなく、気管支炎、気管支喘息にも有効です。

小青竜湯を飲むと、ちょっと強いと感じる(吐き気、動悸など)人は、麻黄を抜いた、苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)があります。

弱いなと感じる人は、小青竜湯にブシ末、桔梗石膏(ききょうせっこう)、麻黄附子細辛湯などのどれか1つを追加して作用を強化すると良いです。

自分の鼻カゼは自分で治す!

それが目標です。

 

109569202.thm.jpg

カゼ予防

うがいをする、早く寝て十分な睡眠をとる、暴飲暴食をやめバランスの良い食事を摂る、適度な運動をする、カラダを冷やさない、、、。

およそ思いつくことは、こんなものでしょうか。

日頃自分で心がけていないと、サッと出ないものです(汗)。

漢方薬でカゼ予防です。

冷える人は、カラダを温める漢方薬を飲みます。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)、人参湯(にんじんとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、温経湯(うんけいとう)などがあります。

胃腸が冷えて困る方は、六君子湯(りっくんしとう)でしょうか。

カラダが疲れて、食べられない、元気が出ない人は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)、十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)です。

もともと虚弱で、神経質、食べられない、食べても太らない人は、小建中湯(しょうけんちゅうとう)です。

扁桃肥大があり、カゼをひくと必ずと言っていいほど高熱になって、なかなか熱が下がらない、ノドが詰まる人は小柴胡湯(しょうさいことう)、あるいは小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)です。

いろいろな対応があります。

気楽に相談してください。

1つの漢方薬をこの3ヶ月、6ヶ月続けると、カゼもひかず元気に過ごせます。

 

33400755.thm.jpg

頑固な便秘で困った

60代女性。

当院に受診したお子さんのおばあちゃんです。

体格の良い元気な方です。

暑がりで、汗をよくかき、両膝関節痛があります。

便秘でも困っておられ、2日に1回排便があれば良い方と。

おなかが張って苦しい、痛いようです。

暑がりで汗かき、膝が大きくて正座ができない、歩くと関節に水が溜まる人です。

両下腹部に圧痛があります。

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)と通導散(つうどうさん)を処方しました。

2週間後再診。

汗は大きく変わらないけど、お通じは良くなったと。

スッと出て、下腹が張らないから気分がいい!と。

防已黄耆湯の効果はまだわかりませんが、飲めそうなのでこの2つの漢方薬を1ヶ月ずつ追加処方しました。

通導散は、頑固な便秘を伴う微小循環障がいに有効です。

ちょうどいい感じでお通じがついたので、当面は飲み続けた方がベターです。

 

20180616_1826535.jpg

安中散を飲む

胃が痛い時に何を飲みますか?

胃薬ですか?

漢方では安中散(あんちゅうさん)という漢方薬の名前がよく出てきます。

これは、ストレスがあって、神経質で、冷える人に有効です。

私が飲んでもちっとも効きません。

私は芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)の方が効きます。

芍薬甘草湯に半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)を追加すると絶好調になります。

うちのスタッフのほとんどは冷え症なので安中散が有効です。

冷えて、胃の調子が悪いと六君子湯(りっくんしとう)を飲む方がおられます。

六君子湯+安中散はなかなか良い組み合わせではないですか。

市販の〇〇漢方胃腸薬の中には、まず安中散が入っています。

これが効く人は、ストレスが原因で、神経質で、冷える人が多いと思います。

私は効かなーい。

 

20180522_1815882.jpg