img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

『院長の小窓』を更新しました

なかしまこどもクリニックのホームページにあります『院長の小窓』を更新しました。

今回は、「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」と「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」の2つを紹介する動画です。

短い動画ですが、内容は濃いので、一時停止しながら御覧下さい(めんどくさくてスミマセン)。

葛根湯から始まって約20個の漢方薬を紹介してきました。

まだまだ、新たな動画をあげていきます。

何かの参考になればありがたいです。

 

20200930_2132602.jpg

カゼには漢方薬をB

冷えて鼻カゼをひきました。

治るかなと様子をみていたら、今度は鼻がつまるようになりました。

夜間、日中も時間帯によっては鼻がつまってl呼吸が苦しくなってきました。

こういうときは、葛根湯加川辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)を飲みます。

1日2回、あるいは3回飲んでみます。

1日、2日で鼻が通ってきます。

4,5日飲んでも鼻がつまったままならば、効いていない可能性があります。

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)を試します。

これは苦い、まずいという方が多いです。

お子さんでも飲める子は飲めます。

これでないと鼻が通らず苦しいので飲めます(不思議)。

「あれ、苦いんだよな」と言いながら飲んでいます。

抗生剤、抗アレルギー薬は併用可能です。

葛根湯加川辛夷+辛夷清肺湯もアリです。

小柴胡湯(しょうさいことう)+辛夷清肺湯はよく使います。

小柴胡湯の抗炎症作用を使ってパワーアップします。

柴胡剤を使うと免疫も上がります。

この組み合わせを1ヶ月、2ヶ月続けると、鼻の炎症が起きにくくなり、カゼをひく回数が減ります。

是非お試し下さい。

 

20200926_2131702.jpg

カゼには漢方薬をA

ノドがカサカサしてきた。

痛くはない。

年配の方は滋陰降火湯(じいんこうかとう)もありますが、まずは麦門冬湯(ばくもんどうとう)を試してみましょう。

これは甘い漢方薬です。

お子さんには人気があります。

第1位、2位を争います。

ノドが乾燥した、いがらっぽい、発作性にコンコンと咳が出始めたら飲みます。

咳込みが激しい、連続で咳が出て困るときは、2-3時間おきにガンガン飲みます。

それでも咳が止まらないときは、滋陰降火湯や小柴胡湯(しょうさいことう)あるいは柴陥湯(さいかんとう)などに変更します。

今年はカゼをひいてはいけない、熱を出してはいけない、咳をしてはいけないと体調に気を遣いましたね。

ですから、カゼをひく人、熱が出る人、咳が出て困っている人はめっぽう少ないです。

予防医学の世界です。

やればできるじゃん。

でも万が一、咳が出たら使って、みてください。

1回ぐらいは、ありがたいなー、と思う瞬間があります。

 

20200928_2132133.jpg

カゼには漢方薬を

カゼの季節に備え、漢方薬の使い方をマスターしましょう。

あれ、カゼをひいたかな?と感じたら、カラダを温める、早く寝る、休養をする等は普通にやります。

これで治れば、薬なんかいりません。

ノドが痛いと感じたら、桔梗湯(ききょうとう)を1包口に含んでガラガラとうがいをして患部に当ててください。

数十秒当てたらゴックンと飲んでください。

ベーッと吐き出してもオッケイです。

甘くて飲みやすい漢方薬をすぐ飲まずに、あえてうがいをして患部に当てるのがコツです。

冷え冷えとして、ノドが痛いなと感じたら、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)を1包飲みます。

カラダがポッと温まり、シャキッとします。

もともと元気で胃腸も丈夫な方は、カゼをひいたなと感じたら、葛根湯を2包熱いお湯で飲みます。

2包飲むとカラダが温かくなってきます。

じわっと汗をかいたら内服終了です。

3時間経っても変わりがなければ、さらに葛根湯を2包熱いお湯で飲みます。

だいたいこれで発汗します。

これ以上葛根湯は飲んではいけません。

まずは、カゼのごく初期の対応を覚えて、試してみましょう。

 

20200926_2131707.png

補中益気湯か清暑益気湯か

昨日の漢方外来で同じ質問が続きました。

「先生、夏が終わりましたが、このまま清暑益気湯(せいしょえっきとう)を続けます?それか補中益気湯(ほちゅうえっきとう)に戻します?」

外気温が下がり熱中症の危険性は低くなりました。

そういう意味では、もうそろそろ清暑益気湯を飲まなくていいのかな、と思います。

両者とも前者、食欲不振に有効です。

ただ、清暑益気湯を飲むと下痢、軟便が止まるからいい、と訴える方は続けた方がいいかも知れません。

仕事場が暑くて、汗を多くかく状況だと、一年中真夏のようです。

給食センター、介護現場(入浴介助など)、工場内では、1年中暑いそうです。

想像はできますね。

こういう方は年間を通して清暑益気湯を飲んでおられます。

そういうことはないわねー、と感じる方は、これからの季節は補中益気湯で良いのかと思います。

1日2回、あるいは3回で淡々と続けましょう。

 

20200922_2130670.jpg