漢方外来をご利用ください 

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

腹診を頼りに処方してみる

40代男性です。

建設関係の現場で勤務しています。

作業中突然呼吸が苦しくなり、手がしびれます。

動悸がする、脈が速いと言われます。

以前現場で倒れて救急搬送を8回やっています。

2つの病院で検査を受けるも異常なし、ホルター心電図をやっても不整脈などは見られなかったと。

結果、内服薬もなく経過観察となっていました。

なぜかうちに受診され、漢方薬で何とかならないかと相談がありました。

真面目な方で、神経が細やかな印象です。

話し方も丁寧です。

食欲もあり、ほぼ毎日アルコールを摂取して元気に見えます。

診察上、大きな異常は特にありませんが、心窩部のみ圧痛が著明です。

足を上げて痛がります。

左右の胸脇苦満(肋骨下端の圧痛)も著明です。

悩んでいる、不安神経症かと思い加味帰脾湯(かみきひとう)、炙甘草湯(しゃかんぞうとう)を処方しましたが著効なし。

全く変わりません。

「今、脈が速いです、動悸がします!」と外来に飛び込んできました。

調べると脈も速くない、不整なし、心臓の音も良い、顔色も良いです。

どうもヒステリーかな、過換気症候群かなとわかってきました。

今回も心窩部の圧痛のみが目立ちます。

腹診に従って、半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)を処方しました。

どうも、これが良さそうです。

ちょっと症状が落ち着いてきました。

ストレスがかかるところを緩和できているように見えます。

もう少し内服を続けて、うまくいくか様子をみてみます。

どうしても処方が決まらないときに腹診の所見だけを頼りに漢方薬を決定することがあります。

それで何回助けてもらってきたか。

 

109402686.thm.jpg

桂枝加葛根湯を使う

昨日は桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)を下さいという方が来られました。

かなり以前に処方したのを、チビチビ使っていたみたいです。

カゼの初期にはもちろん、肩こりに使っていたと。

そうです、肩こりに使う人が多いです。

葛根湯は項部の凝り、肩の凝りに有効ですが、麻黄(まおう)が入っているので飲むと動悸、吐き気などが起こることがあります。

そういう人のために麻黄抜きがあります。

それが桂枝加葛根湯です。

使い勝手は良いです。

ここの会社のエキス剤は粉がサラサラです。

好きな人と苦手な人に分かれます。

好きな人の意見は、差し歯や入れ歯に挟まっても痛くない。

苦手な人の意見は、サッと飲まないとダマになって上顎などにベタッとくっつくのが困る。

こうなると好みの問題です。

お試しください。

 

桂枝加葛根湯1.jpg

 

 

 

 

肩甲骨の痛み

肩が凝る、首が痛い、肩甲骨が痛いという患者さんがいます。

項部といって、うなじ付近が凝る時は葛根湯が有効です。

肩井(けんせい)というツボが凝る、側頚部が凝るなら柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)です。

明らかに肩甲骨中心に凝る、痛いなら柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)です。

よくわからない時は順番に試してもらいます(本当)。

あ、これ!と患者さんが言うはず、です。

言わなかったら他のアプローチを考えないといけません。

湿布貼るだけよりも有効な方法を考えます。

少しでも患者さんの痛みが軽減するような方法を考えます。

西洋薬との併用は、基本的に構いませんが、よくわからない時は主治医に相談しましょう。

 

20190212_1936020.png

外来風景

先日外来見学に来られた小児科の先生がおられます。

開業前に漢方を勉強して外来の武器の1つにするそうです。

私のテキトーな外来を見学だなんて恐縮です。

先生が言っておられたことがあります。

「先生とこの患者さんたち、番号で漢方薬を言うんですねー」

そうです、番号で言ってくる人が多いです(エキス剤についている番号)。

自分のお子さんの症状を見て、「今日は2番と29番があればいいです」、「27番だけ多めに」とか言ってきます。

まずはだいたい合っているからスゴイものです。

たまに、「?」と思うことを言う人がいるので、よく話を聞いてその漢方薬で良いのか検証します。

逆に言えば、お子さんのカゼであれば、ある程度の漢方薬を知っていれば治していけるということです。

そう難しいことではありません。

うちの患者さんのお母さんたちはレベルが高いです。

下手な医者より詳しいかも、です。

よく勉強していらっしゃる。

自分のお子さんを治せるようになると、今度は自分の病気を何とかできないかと動き始めます。

ここまでくると面白いように、あれこれと治していけます。

1つ1つの成功体験を積み重ねていくだけです。

知らないうちに使いこなせています。

何をどう治したかをこちらが教えてもらうこともしばしばです。

漢方は奥が深い。

 

33356874.thm.jpg

工場見学

今年は漢方エキス剤を作っている工場見学に行きます。

事前に予約をとらないといけないので取りました。

オッケイをもらいましたので、春になったら行ってきます。

生薬園もあちこちありますので、それらも行こうと計画を練っております。

まず、行動だ!

数年前愛知県の生薬園で講演会をやらせてもらいました(薬剤師さん対象で)。

そのときは生薬園をしっかり見学する時間がありませんでした。

京都なら近いし、行こうかなとか、情報を集めています。

あと、日本漢方の歴史に出てくる先生方にまつわる地域に行こうかとも思っています。

何かと結びつけて、ここを脱出する機会をうかがっているだけですが。

実際足を運んだら学ぶことも多いでしょう。

 

吉益東洞1.jpg