img_info_kanpo-gairail2.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

肩こりに桂枝加葛根湯

葛根湯は首の後ろ、僧帽筋がこわばって肩がこる、頭痛が起こる方に有効です。

ただし、葛根湯の中に、麻黄(まおう)という生薬が入っています。

これが年配の方や胃腸が弱い方に胃痛、吐き気、動悸などを起こすことがあります。

若い方は何ともないことが多いですけどね。

桂枝湯に葛根湯を足した、あるいは、葛根湯から麻黄を抜いた、のが桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)です。

麻黄が入っていないので、外来で気楽に使えます。

まずは1-2週間処方して、肩こりが来た時に2包いっぺんに飲んでもらいます(頓服というヤツね)。

何回か試していただいて、うまくういくなら当面これで行きます。

筋肉の弛緩剤やシップ剤を使っても何ともならないなーと思っておられる方は、漢方薬をまずは頓服でお試しください。

エキス剤だと1包数十円の世界ですよ。

お値打ちです。

 

20160325_1393823.png

そろそろ白虎加人参湯の季節です

岐阜は昼に気温が28-30℃まで行きます。

クルマで運転していても暑い、外で作業したら汗を結構かきます。

草むしりなどをしたら、顔が真っ赤になります。

暑くてフラフラして、ノドが渇いてきます。

こういう時に、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)です。

暑い最中、倒れずに動けます。

もちろん十分に気をつけて、適切な水分補給をしてくださいよ。

これからの季節でも温室で作業する方、体育館の中でやる部活動、日中外で作業する方は、五苓散(ごれいさん)+白虎加人参湯でいきましょう。

五苓散を飲んでおいて、水分をガンガン摂ればカラダに大事な水分は残しつつ、不必要な水分は体外に出してくれます。

脱水にならずに、元気に動きましょう。

 

20150504_1156801.jpg

胃もたれ、食欲不振などが治らないときに

胃がもたれ、食欲不振、ゲップが出て困っている方がいます。

内科を受診して、レントゲン、胃の内視鏡検査、血液検査をやっても異常がありません。

とりあえず(!)薬を出しておきます、と言われ、出された薬を飲んでいるが、一向に治る気配がありません。

内科を再度受診して、治らない!と訴えます。

すると、安定剤を処方されました。

内科的に異常がないから、この人は精神的に病んでいるんだろうなー、と判断された(?)のでしょうか。

もうこれ以上西洋医学的には出す薬がない、ということでしょうか。

そのあたりは、はっきり言ってくれません。

そこで、漢方薬をいくつか試します。

症状や体質によって、使う漢方薬が違います。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)、六君子湯(りっくんしとう)、人参湯(にんじんとう)、安中散(あんちゅうさん)などをお試しになったら、どうですか?

1つの漢方薬を1-2週間試せば、自分に合うかどうかがわかります。

大人はお湯で飲んでくださいね。

水では効きが悪いですよ。

 

33355007_thm.jpg

パニックに有効な漢方薬

パニックに効く漢方薬がありますか?と聞かれます。

「ありますよ」

今日は1つ提案しておきます。

激しい動悸、発作性顔面紅潮、過換気、胸内苦悶、のぼせ、発作性上熱下寒、死にそうな不安感、焦燥感、補佐性頭痛、咽喉閉塞感など。

これらを認める人に、苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)をお勧めします。

これは、エキス剤にないので、苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)と甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)の2つの漢方薬を合わせて飲みます。

これを1,2日飲むと、パニックが軽くなる、治まる方がいます。

自分に合うな、と感じた方は困った時に、頓服で飲んでも良いです。

両方とも甘くて飲みやすい漢方薬です。

できれば熱いお湯で飲んだ方が効きます。

パニック発作が外出時に起こった時は、冷たい飲み物でも構いません。

是非一度お試しください。

 

20160421_1409327.jpg

こんな人が目の前に現れたら

月経、閉経期に関連した女性です。

椅子に座ると、「先生、最近イライラして、カラダがだるくて、頭が痛いんです。そうそう便秘もあるんです。いろいろな病院に行ったのですが、全然治りません。どこの医者もダメね。あれこれ薬を出すけど効きゃしない。」

そんなことを目の前で言われた医師はどうしたら、いいのでしょう。

精神安定剤でも出して帰そうか、そうだ心療内科へ紹介状を書こうととか、考え始めます。

あまりにも他責的発言が多いので、聞いている医師側も疲れてきますよね。

「まあまあ、いろいろなことがありますね。とりあえず、あなたの症状を全部ひっくるめて1つの漢方薬で対応してみましょうか?合うかどうかは、1-2週間漢方薬を飲んでみたあなたしかわかりません。どうなったかを次回教えてもらえませんか?」

そんな優しい扱いを受けたことがない女性は2週間せっせせっせと漢方薬を飲みました。

2週間後再診。

「先生、2週間ちゃんと飲みましたよ、お湯で。言われた通りでしょ。」

「漢方薬を飲んで、どうでしたか?」

「先生、イライラは全然治らないです。でもね不思議だけどお通じが良くなったわ。毎日スッキリ出るようになったわ」

「あ、そう。どうですか?もう少し飲み続けられそう?」

「何言っとるの、飲むがね」

結果、2週間、4週間、と計6週間飲んだ頃から、月経に関連したイライラが軽くなり、機嫌が良くなってきました。

外来でもうるさくしゃべらなくなりました。

退室時に振り返って、「どうもありがとうございました」と言われました。

スタッフが別人みたいですね、と言っています。

そうなんですよ、1人の人間があれこれと多くの訴えをすると、「不定愁訴(多愁訴)」と言われます。

1つの訴えに1つの薬を対応させようとすると、あっという間に10種類くらいの西洋薬を飲まなくてはいけなくなります。

そこを漢方薬で、いくつかの訴えをまとめて、こういう訴えをする方はコレ!と言われるものを次々に試していきましょう。

意外に、サッと治ってしまうこともザラです。

漢方を扱っている先生は、こういう処方の仕方をしたくて待っているところがあります。

漢方薬を武器として持っていると、こういうケースは非常に面白い、やりがいがあると思います。

 

10008456_thm.jpg