img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

附子の効能

主治:@寒、A疼痛

薬性:熱、燥

守備範囲:四肢

 

附子末を使うときは、手足の冷え、特に末端を目標に使います。

手首の脈(橈骨)が沈んでいる(サッと指を置いても脈を触れない脈)場合に有効とされています。

他の熱薬はどうでしょうか?

麻黄(まおう)は、カラダの表面を温めます。

細辛(さいしん)は、気道を温めます(冷たい空気を吸って咳が止まらないとか)。

山椒(さんしょう)は、腹部を温めます。

乾姜(かんきょう)は、体幹(躯幹)全般を温めます。

熱薬によって温める場所が異なります。

 

20210924_2217602.jpg

附子を使う

キンポウゲ科のハナトリカブト、またはオクトリカブトの塊根を「ブシ」として使います。

高圧蒸気処理加工したものを、加工ブシ、修治ブシと言います。

NaClまたはCaCl2の水溶液に浸漬した後、加熱または高圧蒸気処理により加工したものを、炮附子、NaCl水溶液に浸漬後、石灰を塗布加工したものを塩附子と言います。

漢方では、ブシ末を単品ではなくて、何かの漢方薬に追加して使用することが多いです。

目的は、鎮痛、強心、利尿、冷え(代謝促進)などです。

熱感、ほてり、しびれなどが起こったら内服を中止します。

内服は少量から始めて徐々に増量することが多いです。

 

20211016_2222789.jpg

 

『院長の小窓』を更新します

なかしまこどもクリニックのホームページにある、『院長の小窓』を更新します。

毎回、漢方薬を2つずつ紹介しています。

今回は、甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)と柴陥湯(さいかんとう)です。

甘麦大棗湯は、甘草、小麦、大棗から構成されている漢方薬です。

甘味料となつめと小麦という食べ物のみです。

これが夜泣きとかヒステリーとか神経症に使えるのです(不思議)。

もちろん甘くて飲みやすいです。

急にキーッと泣いたり、騒いだりと、「急に」というのがキーワードです。

柴陥湯は本朝経験方といって、日本人に合うように創られた漢方薬です。

咳込んで止まらない、胸が痛くなるほど連続して咳が出る、胸膜炎、、という状況に使います。

小柴胡湯(しょうさいことう)と小陥胸湯(しょうかんきょうとう)の合方です。

小柴胡湯+黄連(おうれん)+楼仁(かろにん)です。

楼仁は、ウリ科、キカラスウリの種子です。

これが鎮咳に役だっているようですが、味はまずいです。

ですが、柴陥湯を飲むと、発作性に連続して出る咳が結構止まります。

5日間以上飲み続けると効いてきます。

味の評判は悪いですが、どうしても困った時は飲んでもらっています。

 

20211015_2222114.png

手術後は十全大補湯がいい

先日40代の女性が来院されました。

思いがけず胆のうに病気が見つかり、結局胆のうを摘出することになりました。

術後の経過は順調だと言われているそうです。

しかし、冷えや貧血が改善せず、ずっと倦怠感を感じる状態が続いているそうです。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)がいいと友人に勧められ飲んでみました。

少しだるさが取れたけれど、冷えと貧血が続いています。

今回、そこで十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)をお勧めしました。

手術で体力が低下し、それに伴い慢性疲労、貧血、冷え症が津空いているものと考えられます。

1週間、2週間と飲み続けるうちに、次第に症状が改善してきます。

補中益気湯を飲む人よりも、さらにヘロヘロな状態の人が適応になる漢方薬です。

「十中1つとして欠陥のない完全無欠で、大いに補う」という意味だそうです。

 

picture_pc_49a2af2eaec3c6ebcd799749f030aef2.jpg

六味丸を使う

六味丸(ろくみがん)という漢方薬があります。

生まれながらの生命力の低下、下半身の機能低下が使用目標になります。

原典では、小児の発育遅延を促す漢方薬として載っています。

現在では、高齢者の排尿障害、頻尿、浮腫、かゆみ、下肢の筋肉の衰えを改善する目的で使われることが多いでしょう。

小児に用いる場合、やや虚弱で疲れやすいお子さんの夜尿症、乾燥傾向のある肌、乳幼児の発育遅延を対象にしています。

八味丸(はちみがん)は、六味丸+桂皮+附子です。

冷えの徴候が乏しい人が対象になります。

熱感、のぼせ、暑がりなどがあれば、六味丸の適応を考えます。

八味丸にしろ、六味丸にしろ、長期に内服して効果を発揮する漢方薬ですから、1-2ヶ月以上は飲んでみて効果判定となります。

合う人は月単位、年単位で飲んでいきます。

 

a003x024.thb.jpg