img_info_kanpo-gairail2.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

無理に出しません

インフルエンザにかかったお子さんのお母さんが、「先生、うちの子に漢方薬出そうとしてるでしょ」と言いました。

いやいや、別に無理に漢方薬を出そうとはしていませんよ。

漢方薬以外に手があれば、それを使えば良いですよ。

タミフルを飲む、リレンザを吸入する、イナビルを吸入するそれで構いません。

カゼをひいたら、まず相手はウイルスでしょ、西洋薬は対症療法しかないから漢方薬で抗炎症作用を使って治してみますか?と提案しています。

胃潰瘍になった、心筋梗塞になったら、まずは西洋医学的な検査・処置をして西洋薬で十分治ります。

西洋薬を飲んでいても胃がもたれる感じがするとか、動悸、息切れ、脈が結滞するとかが起こります。

西洋医学的に調べてもらっても異常なしのときどうしますか?

患者さんは困りますよね。

そこに漢方薬をはめてみる、サポート的に入ってみる、などが可能です。

漢方薬がメインで使えうのは、カゼ以外には女性の月経に関するトラブル、いわゆる血の巡りです。

微小循環障がいは漢方薬が得意です(動脈系を動かすのは西洋医学が得意です)。

どっちがいい、ではなくて患者さんが困っている症状・状態に対して、現在使える治療を総動員してキレイに治す努力をするという姿勢が大切だと思います。

 

20180129_1765261.jpg

そろそろロタウイルス胃腸炎が増えます

インフルエンザの流行期が過ぎようとしています。

スギ花粉症が多くなってきます

そこにロタウイルス胃腸炎が多くなってくる季節です。

外来には胃腸カゼの方が来院されています。

小児、特に1歳未満の赤ちゃんがロタウイルスに感染すると下痢をしますが、それより怖いのは脳炎・脳症です。

インフルエンザ、単純ヘルペスに次いで脳炎になりやすいウイルスなのです。

数年前当院の患者さんがロタで受診され自宅に帰った後に無熱痙攣を起こして救急搬送されました。

大事に至らず無事退院されましたが、こういうことが稀ですが起こります。

下痢を頻回に起こすと、カラダは一気に脱水傾向になるので、早期に下痢を止めることが大切です。

腸管の炎症を止めるためには漢方薬です。

五苓散(ごれいさん)が小児では使いやすいですが、大人の方も是非使ってください。

特に口渇があればよく効きます。

ノドが渇く、水分を摂る、また吐く、でもまたノドが渇く、、、、というケースです。

少量ずつ水分摂取して、五苓散を飲めるだけ2時間おきに飲んでください。

桂枝人参湯(けいしにんじんとう)を1時間おきに飲む方法もあります。

今日のうちに治すつもりでガンガンいきます。

他にも漢方薬の候補があります。

早く元気になるために、短時間で一気にいきます。

 

20180202_1766956.jpg

麻杏甘石湯という漢方薬

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)という漢方薬があります。

小児の咳によく使います。

気管支喘息にも有効です。

ゼロゼロする痰がからむ咳があれば使ってみます。

日頃から気管支喘息の発作に使っているお子さんも多いです。

麻黄(まおう)が入っていますが、大人の方でも喘息で飲んでいる方もおられます。

気管支の炎症を止めて、拡張して咳を治めるイメージでしょうか。

患者さんが自分で咳を鎮める応答を引き出しているという理解をしています。

お子さんは、麻杏甘石湯に桑白皮(そうはくひ)を追加した五虎湯(ごことう)の方が飲みやすいと言われます。

夜間の咳嗽にも良いように見えますので、うちのクリニックでは小児に五虎湯を処方する機会の方が多くなってしまいました。

飲んで1日もすれば、この漢方薬が合っているかどうかは、わかります。

 

20180119_1761345.png

滋陰降火湯を使って乾燥を治す

滋陰降火湯(じいんこうかとう)という漢方薬があります。

カサカサに乾燥した咳が出る時に使います。

乾燥した咳、かすれたた声、ノドがイガイガには麦門冬湯(ばくもんどうとう)が有効です。

甘くて飲みやすいので人気もあります。

お子さんのファンまでいます。

麦門冬湯を飲んでいても、これはもっと乾燥していると思われるなら滋陰降火湯です。

漢方薬で最も乾燥を潤す応答を患者さんから引き出すと考えられます。

皮膚の乾燥、口腔内の乾燥にも応用できます。

透析患者さんの皮膚の乾燥にも使えます。

潤すことができるのが漢方薬の特徴です。

夜布団に入ると咳がひどくなる、就寝中に咳が止まらなくなり目が覚める時にも使ってみてください。

 

BMW M4GT4 2.jpg

カゼの時の頭痛

カゼをひいて頭が痛いとき、どうしてますか?

解熱鎮痛剤を飲む方が多いでしょうか。

最近うちの外来では、それを飲む前に漢方薬を試してもらっています。

飲む漢方薬は、川きゅう茶調散(せんきゅうちゃちょうさん)です。

頭痛を目的に飲むと、「痛みが止まった」と言われる方がちらほら出てきます。

これを飲んだら、カゼ自体が治ってしまった!という方も。

月経関連の片頭痛にも重宝しています。

月経になると片頭痛がひどくて西洋薬が無効の方に、1回2包ずつ飲んでもらいます。

30分で頭痛が和らぎ始め、1時間でほぼ治ってしまうことも多いです。

本人がカゼからくる頭痛だー、と訴えたら是非試してみてください。

 

20180125_1763665.jpg