img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

麻杏よく甘湯

麻杏よく甘湯(まきょうよくかんとう)という漢方薬があります。

麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)とは違います。

麻黄湯(まおうとう)の桂皮をヨクイニンに入れ換えたものとも、麻杏甘石湯の石膏をヨクイニンに入れ換えたものとも言えます。

この漢方薬は現代では、筋肉系(筋肉、腱、靭帯など)の急性炎症に使われることが多いようです。

うちでも、もっぱら急性筋肉痛に処方しています。

その他、軽度の関節リウマチ、変形性関節症の関節痛、筋肉痛、あるいは尋常性疣贅(いぼ)、進行性指掌角皮症に有効とされています。

頭部にふけが多いことが目標になるそうです。

1-2日内服すれば有効かどうかがわかります。

筋肉痛用のNSAIDsと思って使用してみましょう。

慢性の筋肉痛はヨクイニン湯(よくいにんとう)があります。

 

20190731_2000554.jpg

岐阜市の漢方外来は

9月は、7日(土)、14日(土)の予定です。

時間:午後2時から5時半

場所:中島小児科(岐阜市鍵屋東町2-1)

8月は1回しか、ここの外来ができませんでした。

9月以降年内は、月2回(変則の日時ですが)行う予定です。

この外来はすべて、『院外処方箋』となります。

よろしくお願いします。

近隣の大手ドラッグストアの薬局の先生のおかげで同日に漢方薬を手にすることが可能です。

一部の漢方薬だけ取り寄せになっているようです。

それでも1-2日以内に入荷しています。

土曜日の午後の外来ですので、いろいろと皆さんに助けてもらいながら仕事ができています。

感謝致します。

 

20190810_2003897.jpg

今日は岐阜市で漢方外来やります

今日は岐阜市で漢方外来やります。

時間:午後2時から5時半

場所:中島小児科(岐阜市鍵屋東町2-1)

この外来はすべて『院外処方箋』となります。

お子さんから年配の方まで大丈夫です。

気楽にお越しください。

今月は1回しか、この外来がありません。

よろしくお願いします。

瑞穂市のなかしまこどもクリニックの漢方外来は、8月22日(木)、29日(木)です。

漢方薬は、漢方外来でなくても平日の外来でも処方可能です。

いつでもおっしゃってください。

漢方外来は、年配の方や、カゼのお子さんに接触しないほうが良いと思われる病気の方などのために枠を設けております。

 

20190603_1979652.jpg

冷房病に当帰四逆加呉茱萸生姜湯

昨日の漢方外来に来られた女性です。

2ヶ月ぶりにお顔を拝見しました。

開口一番、「先生、冷房で冷えたら頭痛が始まるし、だるさも出るし、調子悪くなった」と。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)を冬から春まで飲んでいました。

冷えて、手足が痛い、カゼをひきやすい等を訴えていたのが、この漢方薬でコントロールできて調子良かったです。

気温が上がってきたし、調子も良いので一旦内服を中止します、と言われたのが2ヶ月前でした。

先週から岐阜は暑くなり35℃以上の日も出てきたので、室内で冷房が入るようになりました。

それが良くなかった。

彼女のとっては冷えは大敵です。

すぐに足が冷え、腰が痛くなり、頭痛も始まりました。

だるくなり、仕事に支障が出てきました。

ということで、単純に内服を再開しました。

同じ日に、当帰四逆加呉茱萸生姜湯を中止したら月経不順が再開して困った方がおられました。

冷えて良いことはないみたいです。

温める!

 

M2 competition4 .jpg

老化がハンパない

50歳後半ともなりますと、元気ですがカラダのあちこちが傷んできます。

中古車ですから致し方ありません。

だましだまし乗り続けることになります。

50歳前半で一度あったのですが、またもやここ3週間前から腰の違和感、下肢のしびれが始まりました。

同級生の見立ては腰椎の4番目が傷んでいると。

座位、立位は全然問題ありませんが、臥床(横になる)で症状が発生します。

痛いのではなくビーンとしびれる感じです。

体重を減らして腰の負担を減らすこと、筋肉をつけることも始めました。

整形外科的に何かする程でもなさそうなので、漢方薬を試してみることにしました。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)+ブシ末を開始しました。

八味地黄丸(はちみじおうがん)という漢方薬に牛膝(ごしつ)と車前子(しゃぜんし)を足すと牛車腎気丸になります。

腎気丸は八味地黄丸の別名です。

老化が始まると、生まれ持ったエネルギーが落ちてきます。

それが急速になると大変です。

腰から下に力が入らない、冷える、夜間から朝方にトイレにたつ、目がかすむ、腰痛が起こる等。

さらに下肢がしびれる。

こなると牛車腎気丸です。

飲み始めて1週間ですが、飲み始めたら下肢の痛み、しびれは軽快傾向です。

このまま続けてみようと思います。

1ヶ月はまず飲んでみます。

 

109645309.thm.jpg