img_info_kanpo-gairail2.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

ゼーゼーするのは鼻のせい?

「夜中にゼーぜーいって呼吸が苦しそうです」

保育園児を連れてきたお母さんが訴えます。

もともと喘息持ちなので、それを心配して来られたようです。

胸の音を聴いたら、喘息発作の音は全く聞こえません。

これは、鼻詰まりの音です。

鼻が詰まってゼーゼーする音が聞こえるのです。

鼻腔を通せば、呼吸は楽になりそうです。

使うのは麻黄剤です。

ここで抗ヒスタミン剤を使ってはいけません。

飲めば飲むほど鼻が詰まります。

麻黄湯(まおうとう)や葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)を使います。

4日は飲み続けてください、鼻腔が開くのが1回体験できます。

要は、1回治りかけているのです。

1-2週間経って、また鼻が詰まったら、新たな鼻カゼをひいたということです。

3歳までは、この繰り返しです。

5歳になれば、ほとんどカゼをひかなくなります。

 

32012414_thm.jpg

おなかが冷えて痛い

おなかが冷えて痛い、と言われます。

胃腸カゼ?ただ冷えただけ?腸閉塞?

そうなんです、実際詳しく話を聞かないとわかりません、診察をしないとわかりません。

パッと一発でこれだ!とわかることもありますが、そう簡単にはいかないこともあります。

冷えて痛い、ってどこが痛い?

みぞおちが痛いなら胃炎、胃潰瘍、十二指潰瘍なども考え胃カメラくを優先しましょう、内科の先生を紹介しましょう、ということもあります。

もう内科で検査は終わったが異常がないと言われたなら話は早い。

痞(つか)えて痛い、と言われれば半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)です。

これを御紹介したかったです。

心が痞えてもいけます。

何か抑うつっぽいな、も半夏瀉心湯で治ることもあるのです。

山口県の稲本善人先生のいう、「半夏瀉心湯型のうつ」やね、となります。

外来で診ていると、こういう方はおられます。

「心が落ち着くわー」と言われます。

ただ下腹部が冷えて困るなら、人参湯(にんじんとう)です。

軟便にもなります。

冷えて、フラフラ、フワフワするわーなら、真武湯(しんぶとう)です。

このあたりを使い分けできると外来が楽しくなってきます。

 

 

porsche-motorsport-image.jpg

漢方薬で全部治るなんて思ってないぜ

「先生、漢方薬でお願いします」

できることはします。

でも何でもかんでも漢方薬で治るわけではありません。

今日は、抗生剤を使わないといけませんとか、ステロイド剤を使いますとか、は実際やっています。

心筋梗塞になった時に、「漢方薬でお願いします」とは言わないでしょう。

胃癌になったので、、、というのもないですわな。

西洋医学の薬は1つの目標に特化した形で出来上がっているので、上手くピンポイントで使えばありがたいものです。

西洋医学では、どうにもこにも動かない症状や、漢方薬が得意な分野では、漢方薬を優先したら良いのです。

漢方薬が得意な分野は、ウイルス感染症(一般にカゼが多い)、微小循環障がい(月経関連、更年期障害など)、水分代謝異常(アクアポリン)、熱産生(冷え)です。

うちは小児科がベースで漢方薬を処方している関係上、お子さんのカゼが多いので圧倒的にカゼ用の漢方薬が多く処方されています。

次に、お母さん、お父さん、おばあちゃん、おじいちゃんと家族の方の漢方薬が出ていいます。

時々、予防接種もしない、抗生剤不要、怪しげな明槓治療をしている方が、漢方薬を希望して来院されます。

今言ったようなお話をするのですが、なかなか理解してもらえないことが多いです。

そういう方は、そっとお断りしています。

結論としては、西洋薬、漢方薬のいいとこ取りをして、早くキレイに治ってくださいね、ってことです。

 

small.jpg

 

 

鼻カゼには何を飲む?

鼻カゼをひいたら何を飲みますか?

まあ、大した鼻水の量でなければ何も飲まない、という手もあります。

ウイルス性鼻炎(いわゆる鼻カゼ)ですから、抗ヒスタミン薬なんか飲まないでくださいよ。

眠たくなったり、イライラするひともいます。

アレルギーがあろうとなかろうと、大人なら葛根湯でしょうか。

胃腸が弱い方は、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)です。

さらに虚弱、神経質な方は、香蘇散(こうそさん)です。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)でも構いません。

小青竜湯はアレルギー性鼻炎で有名になりましたが、ウイルス性鼻炎にも有効です。

水様性鼻汁なら、アレルギーであろうかカゼであろうが小青竜湯で治ります。

病名が違っていても、症状が一緒なら、同じ漢方薬で治るのです。

外来にこられる女性陣の大半は、麻黄附子細辛湯がいいわー、と言っています。

冷えがある女性には、これが評判いい。

お子さんは、麻黄湯(まおうとう)を1日2回、3回と飲ませておくと、4日以内に一旦治ります。

抗アレルギー薬は併用可能です。

大人はお湯で飲んでくださいね。

 

33365422_thm.jpg

柴胡桂枝乾姜湯を使いこなす

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)という漢方薬があります。

なかなか使いこなせなかったのですが、最近ようやく使えるようになってきました。

柴胡(さいこ)剤という漢方薬のグループに属します。

カゼにも使えますが、現実的には、冷え症で神経過敏、疲れやすく、寝汗をかいている人、といったイメージの人に適応です。

更年期障がい、不眠症にも使えます。

元気で大声を出して訴えを言うタイプではないことは確かです。

胸痛が治らない女性、背部に冷えを感じるが治らない男性、寝汗が止まらない女性が立て続けに柴胡桂枝乾姜湯が劇的に治りました。

これでだいたいこの漢方薬が使える方のイメージが湧きました。

こんな感じで、まだまだ使いこなせていない漢方薬を使えるようにしていきます。

 

20161013_1515789.jpg