img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

ジュクジュクな皮膚に消風散

乾燥性湿疹、アトピー性皮膚炎をこじらせて皮膚の炎症を起こしている方が来院されます。

外用薬では到底太刀打ちできません。

ジュクジュクしている皮膚は細菌感染を起こしていることが多いです。

抗生剤を飲むと細菌の数は減りますが、皮膚の炎症は自分で止めなければなりません。

短期決戦でまずジュクジュクに湿った皮膚の炎症を抑え、乾かすために消風散(しょうふうさん)を使います。

この漢方薬はダラダラ使いません。

1週間か2週間だけ使って、乾いたらすぐ引きます。

その後、次の漢方薬に変更します。

お子さんでも大人でも、かゆくて引っ掻いてとびひになってるやん、という状態に試してください。

抗生剤、抗アレルギー薬の併用は可能です。

 

20180508_1810059.jpg

ペインクリニックと漢方薬

昨日はペインクリニックで使える漢方薬の勉強会に参加しました。

なかなか面白かったです。

西洋薬では止まらない頭痛、腰痛などの疼痛に対して漢方薬も併用します。

トリガーポイント注射も併用するこもあります。

例えば、薬物乱用性頭痛にどう対処するか?

長期にわたって頭痛薬を服用している方に起こる頭痛は厄介です。

カフェイン入りの薬剤の連用だと大変なようです。

アセトアミノフェンや頭痛体操などでも無効だと川きゅう茶調散(せんきゅちゃちょうさん)を追加するそうです。

疼痛閾値が下がっている人に使うと、頭痛が軽快するそうです。

これは初めて知りました。

機会があれば使ってみたいと思います。

肩関節周囲炎、腰痛、帯状疱疹後の神経痛などにも漢方薬を使ってみる価値は十分あります。

 

20190530_1977637.png

 

 

おなかが冷えて痛む

お子さんでも大人でも冷えが原因だろうなあ、と思われる訴えがあります。

最近、お子さんでも冷えておなかが痛いと訴えることがあります。

おなかを診察すると、確かにおなかの皮膚温が低い(冷たい)です。

もう暑い季節なのに、冷えるんですね。

夏場は冷房の中、冬は暖房の中で冷たいものを口にする機会が多いのでしょう。

1年中冷たいものを摂取しています。

深部体温も下がって、免疫も低下して、病気になる、、、という流れにならないようにしたいものです。

1日宇数回白湯を飲むだけでも良いので、カラダにリセットをかけましょう。

夏場はしっかり汗をかきましょう(その後は水分摂取、スキンケアをやります)。

おなかが冷えて痛いお子さんの中には便秘気味の子もいます。

便秘がなくても大建中湯(だいけんちゅうとう)を試します。

下痢になったお子さんは今のところ見たことがありません。

1週間から2週間は飲んでもらいます。

飲んで調子が良くなったら一旦内服中止です。

症状を繰り返す場合は、1日2回で1ヶ月、2ヶ月と少し長期に飲んでいただいてから、減量中止できるか検討します。

「冷える」という目でお子さんを診るようになったのは漢方のおかげです。

漢方に出会っていなかったら、こういう概念がサッと出てこないですからね。

漢方に感謝です。

冷えて困ることがあれば漢方薬を試してみましょう。

 

33384413.thm.jpg

 

やっぱり大好き小建中湯

6歳の男児です。

2年ほど前から咳、鼻水がよく出ます。

病院を受診すると風邪薬を処方されるが、飲みきって2,3日すると再び症状が出始める。

常に風邪薬を服用している状態が続いているがいいのか?という訴えです。

毎回発熱はすることはないそうです。

年齢的には、そろそろカゼをひかなくなる年齢です。

お母さんがスギ花粉症で、アレルギー体質は引き継いでいる可能性はあります。

そうであれば抗アレルギー薬だけを試していただいて、治っていけば、それで解決です。

今回は、カゼをひかないように、ひいてもサッと治っていくように体質改善を試みました。

元気はあります、痩せ型、おなかはぺったんこでくすぐったがりです。

まつげはは長いです。

こういうのは小建中湯(しょうけんちゅうとう)を処方するキーワードにピッタリです。

2週間経過。

「お湯に溶いて飲んでいます」

4週間後再診。

「この1ヶ月間カゼをひきませんでした。元気のままです。」

経過は良好にようです。

3ヶ月は内服を続けてみることにしました。

小建中湯は飲みやすい漢方薬です。

小児の便秘に頻用しています。

夜尿症にも使っています。

小児で困ったら、何でも使ってみてください。

小児の不定愁訴にも持ってこいです。

 

20190605_1980358.jpg

暑い環境下での頭痛

32歳の主婦です。

ハウス内で観葉植物を育てる仕事をしています。

瑞穂市内には多いです。

以前は片頭痛で呉茱萸湯(ごしゅゆとう)を飲んでいた方です。

ハウス内は普通に40℃を超えることもあるようです。

最近は、顔はほてるわ、頭は痛いわ、という状態で困っているそうです。

もう数週間からこういう相談が増えています。

土日のスポーツ少年団のサッカー、野球をやっているお子さん、手伝い、応援に行っている保護者の方の中に調子悪い人が出ています。

第1選択薬は五苓散(ごれいさん)です。

十分な水分補給、塩分摂取をしながら五苓散を飲みます。

1日2回、あるいは3回で飲みます。

すると脳浮腫が起こらず、頭痛、吐き気も軽くて済みます。

うまくいけば全く元気に動けます。

食欲が落ちる場合は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を1日2回、あるいは3回で飲みます。

これはカラダのベースを支えるために使用します。

これでだいたいの方は大丈夫です。

顔がほてる方は、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)を適宜追加します。

この女性は、白虎加人参湯+五苓散を1日2回で飲み、カラダが疲れてしんどい時は、補中益気湯で助けるという作戦にしました。

まだまだ、これから暑くなりますので、御注意ください。

 

20190531_1978172.png