img_info_kanpo-gairail2.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

夏に使える漢方処方5

熱中症になったらどうしましょう?

医療機関を受診すれば良いのですが。

脱水があれば点滴をしてくれます。

点滴をしてもカラダがだるい、頭が痛い、重い感じが残ります。

先生は、「帰っていいですよ」と言われますが、ちょっとしんどい。

こういうときは五苓散(ごれいさん)です。

熱中症のときは、頭の中はむくんでいます(脳浮腫)。

カラダ全体では脱水ですが、頭の中は水がいっぱい溜まっている状態です。

これをどう治しましょう?

部分的な水だけを動かして、水はけを良くしたいわけです。

五苓散を飲むと、カラダに必要な水分は保持しながら不要な水を排出してくれます。

頭がスッキリします。

水分バランスが良くなっても全身倦怠感があれば、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を続けて飲みましょう。

だるさが取れて、食事が摂れるようになります。

夏場の間、ずっと補中益気湯を1日2回か3回飲み続ける方も結構おられます。

 

110147347.thm.jpg

夏に使える漢方処方4

虫刺され、すり傷、乾燥性湿疹、アトピー性皮膚炎など皮膚にトラブルが起こり、それを引っ掻くと、皮膚に大人しくしていたブドウ球菌や連鎖球菌が悪さを始めます。

化膿してきます。

これを伝染性膿痂疹と言います。

別名「とびひ」です。

火の粉が次々と飛び移っていくように、細菌感染症が拡大することを指しています。

軽症は外用剤で治りますが、中等症以上は、抗生剤の内服を併用することもあります。

こんな状況に、十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)を使います。

いかにも「抗生剤使いたいな」と思う場面に使うと、皮膚が早くキレイに治っていきます。

急に起こった皮膚の炎症にも使われます。

まずは1週間試してみましょう。

変化がなければ、作戦変更を考えます。

 

109339317.thm.jpg

夏に使える漢方処方3

蚊に刺されたら、毎回赤く、大きく腫れる人いませんか?

これは蚊に刺されたときだけ皮膚が過敏に反応する現象です。

かゆいので手で引っ掻いてしまうと、さらにかゆみもを増し、腫れ上がってきます。

こういうときは、刺されてもなるべく掻かないようにして患部を冷やす、ステロイド軟膏を塗ります。

さらに、越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)を1包飲みます(お子さんは半量なりに減らしてください)。

半日もすれば、発赤・腫脹が引いていきます。

1回くらいは、全く消えるのを経験します。

これを早めにやっておくと、1週間腫れたままとか、跡が黒っぽく残るとか、水疱が消えないとか、の悩みが解消できます。

1日飲む、うまくいけば1回飲むだけです。

速効性があります。

 

20180616_1826534.jpg

夏に使える漢方処方2

清暑益気湯(せいしょえっきとう)を御紹介します。

暑気あたり、暑さによる食欲不振、下痢、全身倦怠、夏やせが適応です。

これだけで、「おー、俺使えそう」と声が出た人もいますよね。

エネルギー不足で、疲労感、無力感、息切れ、食欲減退が起こります。

口喝、ノドの渇き、尿量減少は水分不足ですが、これを呈する人がいます。

発熱、腹痛、下痢などの熱に関する症状もあります。

これらの条件がそろった方には、よく効きますよと。

日頃は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を飲んでいますが、夏だけ期間限定で清暑益気湯を飲む方がおられます。

汗びっしょりかいていたのが減る、汗がサラサラになる、真夏でも食欲が落ちないと言われます。

炎天下でサッカー、野球、ラグビー、をやる、体育館内でバスケット、バレーボール、バドミントンをやっている学生さんも多く試しています。

「ラグビーで真夏の合宿をやっても、倒れんかった」と言っています。

真夏にしか飲んでいけないわけでもなく、年間を通じて内服されても構いません。

 

109576973.thm.jpg

夏に使える漢方処方

夏が近づくと、こういうお題をいただいて講演会をやることが多いです。

例えば、熱中症に使える薬はあるんですか?

西洋医学的には、脱水用の点滴などがありますが、熱中症で頭が痛い、重たい、気持ち悪い、はなかなか治りません。

補液して、鎮痛剤を処方されて帰ってくださいと言われます。

「え?こんなに頭が痛いのに、重いのに、、帰れって言うの?」

顔がほてるなら、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)、頭が痛い、重たい、気持ち悪いなら、五苓散(ごれいさん)です。

点滴後は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)で元気を出してもらい、食べてもらいます。

五苓散だけでも、冷たい水でガンガン飲んでください。

「あ、治った!」という瞬間を経験することができます。

 

0h2Ws4zWbtbXhOTUHk5NcSLwEQaxc3LndwJDV6QjsbZ1Y7IXp4JjdgWy8YaxwwI3kycWpEdW9NU0AcAVJwMV5GSR4xM0oUe1NbKVN-HWoxdgh_fS4tdS4nHmNPMUhrKCordiokW2p.jpg