img_info_kanpo-gairail2.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

研修医の先生でも漢方薬が使える

昨日は小児夜間急病センター当番日でした。

外来に見学に来られた1年目の研修医の先生に短時間漢方講義をしました。

葛根湯、麻黄湯(まおうとう)、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)、五苓散(ごれいさん)について簡単なレクチャーをしました。

これぐらいで、明日から、いや今晩からでも救急の患者さんに処方できますよと。

漢方理論は後からゆっくり学べば良いので、すぐ実践で使えなければ意味がありません。

葛根湯、麻黄湯を処方できれば、発熱してすぐ来院された大人、お子さんにすぐ対応できます。

「カゼはウイルスが原因ですから」と説明して、解熱剤だけ出して帰すくらいなら、葛根湯、麻黄湯を1日分処方して、3時間おきにお湯で飲んでください、と対応した方がベターでしょ。

救急の患者さんは1回しかお会いしない可能背が高いですが、「熱がすぐ下がった!」と喜んでいただけることが必ずあります。

このキーワードがあれば、この漢方薬を処方してもいいよ、と教えて方が研修医の先生は処方しやすいです。

早くキレイに治る経験を多く積んでいただいた方が、漢方薬になじむには良い道かと思います。

 

M4 DTM1.jpg

冷え対策を

岐阜も氷点下の気候になりました。

ちょっと北へ上がれば雪が降っています。

もう冷えが始まっているでしょう。

もともと暑がりの私が寒いのですから、もともと冷え症の方は、かなりカラダが冷えるのだと想像できます。

@当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう):手足が冷える、末端が冷えて困る、しもやけができやすい、冷えると頭痛がする

A苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう):腰から下が冷える

B人参湯(にんじんとう):おなかが冷える、冷えると便がゆるくなる

C麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう):冷えると鼻水が出る

D当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):月経困難、下肢のむくみ、冷えで困る

E温経湯(うんけいとう):月経に関するトラブル、皮膚の乾燥、下腹部の痛み、冷えで困る

F十全大補湯(じゅうぜんたいほとう):全身倦怠感がひどくて冷える

まだまだあります。

どれか1つをまず2週間試してみたらいかがでしょうか?

後は、加齢に伴う冷えには、G八味地黄丸(はちみじおうがん)、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)があります。

 

smallTYB2I3I7.jpg

立効散の飲み方

痛い歯になじませるようにしてから飲むと良いです。

美味しい漢方薬ではありませんが、抜歯したところ、痛い歯を意識して、口に含んでブクブクして患部に当てましょう。

それからゴックンと飲みます。

抗生剤や鎮痛剤との併用は大丈夫です。

奥深い組織の炎症(歯科医の先生が、根っこ、とよく言いますが)が起こっていると立効散では対応が難しいかもです。

そういう時は、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)を2週間とか3週間とか長めに使っています。

抗生剤を1週間以上長期に飲んでも効果は?という感じです。

私も左下の奥歯の神経根付近に炎症、膿ができて、約半年以上かかって治りました(難治だった)。

治療の途中から、荊芥連翹湯を飲み始めたら、開始して2週間経過した頃から膿がスッと引き始めました。

骨に囲まれた奥深い組織の炎症には、こういう作戦が良いです。

 

109504747_thm.jpg

おなかが冷えて痛むとき

大建中湯(だいけんちゅうとう)を使います。

今や外科では有名な漢方薬です。

腸閉塞にバンバン使われています。

腸閉塞の解除に有効なのです。

おなかを触ると、特におへその周りが冷えていることが多いです。

腸閉塞でなくても、おなかが冷えて痛むときに、熱いお湯で溶いて飲んでみてください。

便秘がちな人には、お通じにも良いです。

おなかが膨満して張った感じがする人にも有効です。

乾姜、人参、蜀椒(山椒)、膠飴(漢方の飴)の4つの生薬で構成されているシンプルな漢方薬です。

それが、キレの良さの秘訣です。

構成する生薬の数が少ない程、耐性ができにくく、キレが良いのです。

お子さんなら、もっと飲みやすい小建中湯(しょうけんちゅうとう)があります。

小建中湯だけでも十分対応できますが、今一つ効果がない時は、小建中湯+大建中湯で飲んでみます。

小+大=中

中建中湯(ちゅうけんちゅうとう)という名前の漢方薬に変身します(ウソではありません、本当です)。

 

M5 6.jpg

岐阜の漢方外来状況

岐阜市で月に2回不定期で漢方外来をやっております。

もう5ヶ月は経つでしょうか。

10人受診していただいております。

多いと15人を超えます。

ありがたいことです。

家族で来られる方、親子、夫婦で来られる方もあれば、もちろん1人で相談される方もあります。

内容は結構深刻なものから、漢方薬でこれを試してみたい、というものまで様々です。

自分に合った漢方薬が見つかった方は、上手に使っておられます。

当初院外処方で、薬がすぐにもらえるだろうかと心配していましたが、杞憂に終わりました。

街中の処方箋薬局さんが結構漢方薬を持っている、あるいはすぐに対応して1日、2日もかからないうちに薬が手に入っています。

大手のチェーン店さんは、意外に漢方薬の在庫がありました。

このまま、来年もボチボチやっていこうと思います。

足がつった、冷えがきつい、咳が止まらない、便秘が治らない、月経に関するトラブルで困っている等、何でも聞いてください。

できる限りのことはします。

わからんことはわからんと言います(苦笑)。

漢方だと意外に、「あるよ」と言えることが多いです。

 

yjimage9CIRGO0N.jpg