img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

そろそろ暑さ対策を

ちょっと早い気もしますが、暑さ対策について書きます。

今日なんて、朝から暑いですよー(掃除してると汗をかく)。

暑いと頭がボーッとする、頭痛、吐き気、めまいが起こります。

これには五苓散(ごれいさん)です。

こういうときは冷たい水で飲みましょう。

顔がほてる、暑い、ノドが渇くなら白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)です。

倦怠感には補中益気湯(ほちゅうえっきとう)です。

暑い環境下で常に働く人は、清暑益気湯(せいしょえっきとう)の方がベターです。

給食センターのお母さん、温室勤務、溶鉱炉、ガラス工芸家、車体の下にもぐって作業する整備士など、いかにも暑い所でお仕事をする人に使ってほしいです。

お子さんの部活の試合の応援に行かれる保護者にも適応です。

試合を見に行って、自分が倒れる、というパターンは過去にありました。

 

20210511_2191765.jpg

コロナワクチンの痛み対策

コロナのワクチンを接種されると、同日の夜から筋肉痛が始まり、2日目が痛みのピークになり、3日目からは痛みが和らぎます。

人によっては、発熱を認める若い先生もいました。

全身倦怠感で1日仕事を休んだ研修医の先生の話を聞きました。

何か手がないか。

接種同日から、麻杏甘湯(まきょうよくかんとう)と桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を1包ずつ3日間飲みます。

飲むと2日目からの痛みがひどくならない感じです。

倦怠感を訴える場合は補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を併用です。

接種後から小柴胡湯(しょうさいことう)を飲んで、発熱しないようにした先生がおられました。

よほど重症なことが起こらなければありがたいです。

うちのスタッフは麻杏甘湯+桂枝茯苓丸を3日分ずつ渡しました。

3日飲めば大丈夫かな。

 

109681890.thm.jpg

カゼの途中から漢方薬を開始する

カゼをひきました。

熱が38℃出ましたが、翌日には解熱傾向がありました。

翌朝は平熱(37.5℃以下)でしたが、夕方から夜にかけて38℃前半の熱が出ました。

以後、その繰り返しが続きます。

朝は平熱、夜は熱あり。

この時点で漢方薬を飲みたいと思った大人の方がいます。

カゼをひいて、もう数日経過しています。

超急性期、急性期を越えてきた時点と考えます。

ですから、葛根湯などで、これから発汗して治そうぜ!というタイミングを過ぎています。

ここからは柴胡剤を使います。

一般的に使いやすいのは柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)です。

1日2回、あるいは3回飲み続けてみます。

朝は平熱なんですから、夕方から夜にかけての発熱が37.5℃以下になり、124時間経過するまで根気よく飲み続けます。

たいていは3日、4日間です。

このタイミングで葛根湯を飲んでも、うまくいきません。

病期のステージによって使う漢方薬が異なります。

 

なかしまこどもクリニックB.jpg

オンライン診療を利用してください

なかなか外来に受診できない方、以前飲んでいた漢方薬が切れた方、、、。

遠方に引っ越してしまったために、漢方薬が入手しづらくなった方、、、。

オンライン診療で1ヶ月分は処方可能です。

処方箋の期限、4日間では取りに行けない方は、申し出ていただければ4日以上に変更は可能です(1週間以内)。

上手に利用している方は、1つの予約枠で、大人1人(親)とお子さん2人分を処方希望されたりしています。

調子が良い、症状が安定しているのが前提です。

症状が変わった、急変した、新たな症状が始まった等があれば、外来受診(対面診療)が必要です。

なかしまこどもクリニックのホームページにあるオンライン診療のバナーをクリックして、手続きを進めてください。

不明な点、うまく進めないときは外来受付にお電話ください。

よろしくお願いします。

 

20210510_2191411.png

岐阜市の漢方外来の状況

月に2回、不定期に、ひっそりとやっています。

それでもありがたいことに常連さんができました。

県外からも来られます。

恐縮です。

意外に近所の人が少ない(苦笑)。

近所の人に知られていない不思議な外来です。

月2回、実家の中島小児科にクルマが集まる週末があるなー、って感じです。

来院された患者さんには、漢方薬をバンバン処方しています。

お子さんの夜尿症、花粉症(小児、大人とも)、月経に関するトラブル、抑うつなどに漢方薬を使っておられる方がいます。

不定期な外来なので、お子さんの急な発熱などを診る機会は少ないです。

麻黄湯(まおうとう)の良さを知ってもらいたいのですが、来院されなければ話もできす、です。

ここに来院される患者さんが、なかしまこどもクリニックのオンライン診療で漢方薬をもらっていかれるパターンも増えています。

漢方薬を、外来を、上手に利用していただければありがたいです。

情報提供は惜しまずに行っています。

 

20210127_2165042.png