img_info_kanpo-gairail2.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

花粉症と越婢加朮湯

越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)は、花粉症が目が充血して困る時に1包飲んでみます。

みるみるうちに、目のかゆみ、充血が取れていきます。

麻黄(まおう)+石膏(せっこう)のコンビがなかなか強力です。

熱を持ってむくんでいる、腫れている場面に登場します。

痛風発作、関節リウマチ、原因不明の皮膚の発赤・腫脹(おそらく微細な個所からの感染症)などに使っています。

現在越婢加朮湯を常用している患者さんはおられません。

以前1人いました。

その方は、高校生で花粉症がひどく毎日朝1包飲まないと授業中目がかゆいし、鼻がつまって呼吸が苦しいという理由で続けて飲んでいました。

越婢加朮湯は夏場は蚊による虫刺されに1包すぐ飲むと、発赤がシューっと消えていきます。

ここ一番上手に使ってください。

 

20161029_1526730.jpg

下痢を治す

下痢をしました、と患者さんが訴えます。

確かに胃腸カゼが流行していますが、ちょっと待って、となることがあります。

本当に胃腸カゼでしょうか?

冷たいものを飲んで、短いスカート(?)はいてファッション優先です。

もしかしたら、「冷え」が原因じゃないのですか?と言いたくなります。

冷えを自覚している人、自覚していない人がいます。

冷えを自覚しているのに、アイスクリームが大好きで毎日アイスクリームを食べてから寝ると言っています。

寝る前のアイスクリームを止めたら、下痢が止まる可能性がありますよ。

でもアイスクリームは止められません。

冷えの原因はアイスだとしても、アイスを食べつつ下痢を止めるために漢方薬を出してもらえませんかと。

アクセルとブレーキを同時に踏むタイプね、とかブツブツ患者さんにつぶやきながら、人参湯(にんじんとう)あたりを処方します。

この患者さんのようなケースは外来で見られます。

 

109120651_thm.jpg

ありがたいことです

2日前の漢方外来は初診の方が多く来られました。

遠方から来られた方、仕事の合間に時間を作って受診された方、友人に紹介されてきた方、いつも診ているお子さんのお母さん、お父さんたちです。

大変ありがたいことです。

一生懸命話をして、診察して説明をしました(普通のことですが)。

急性の病気は1週間以内の処方、短いと3日分とか、慢性の病気を相手にする時は2週間(場合によっては1週間)漢方薬を処方します。

遠方でなかなか来られない方は、長期処方しますが、合わなかったから申し訳ないです。

その点は御理解を得て処方しています。

「よく効きました」、「全くダメ」とか、はっきり言ってもらった方が良いです。

1つでも、「これは自分に合っている」漢方薬が見つかればうれしいものです。

調子良くなって、再び悪くなっても、以前有効だった漢方薬は再開するとまた効くことが多いです。

全く効かない時は、その人に何か起こったか、周囲の環境の変化がなかった等を探って、新たな可能性を求めて、違う漢方薬を決めます。

最終的に漢方薬では無理、というケースもあります。

そういうやりとりをしている間に、患者さんと仲良くなれます。

他愛ない話、趣味の話、家族の話なども普通に話せるようになっています(これは不思議)。

すると、多少の調子悪いは大丈夫、となることもあります(これまた不思議)。

漢方外来は楽しいです。

 

20170121_1572143.png

花粉症には小青竜湯?

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)という漢方薬があります。

鼻炎、アレルギー性鼻炎に適応と書いてあります。

鼻炎は、いわゆる「鼻かぜ」のこと。

ウイルス性鼻炎がほとんどですね。

自分で治します。

アレルギー性鼻炎は、花粉症を含む、自分にとって何かしら不都合なものに対して起こる鼻の炎症です。

抗アレルギー薬で対応する人が多いのでしょうか。

軽症ならば、特に薬を飲むこともなく過ごせます(たまにアレルギー用に点眼薬、点鼻薬を使う程度で)。

中等症以上になってくると生活に支障を来たさないかが問題です。

抗ア剤を飲んで眠気が出ると仕事にロスが出ます。

流れ作業の仕事だと、ラインが流れず効率が落ちます。

impaired lossが問題になります。

小青竜湯は、酢っぱ苦い漢方薬ですが、飲めば眠気なく水様性の鼻汁は止まります。

多少の鼻づまりも軽快します。

咳にも対応します(ゲホゲホと咳込みが悪化すると他の薬の応援が必要)。

私はスギ花粉症がありますが、今年は今のところ症状もなく大丈夫です。

漢方薬は医療機関で処方されるものは非常に安価ですし、速効性もあります。

まずは1包試してみたらどうですか?

漢方をやっている先生の中で、自分の花粉症がなかなか治らず小青竜湯を飲んで効くと実感した先生は多い気がします(漢方を始めたきっかけを聞くと小青竜湯がが出てくる機会が多い)。

 

news140119m235rc01.jpg

漢方に関する一般書

一般向けのわかりやすい本があります。

井齊偉矢(いさいひでや)先生の本です。

勝手に師匠と呼んでいます。

勝手に呼ぶのはいい、と言われています。

@本当は速効で治る漢方(SB新書) 788円

A西洋医が教える、カラダが瞬時によみがえるサイエンス漢方(SB新書) 788円

B西洋医学が解明した「痛み」が治せる漢方(集英社) 778円

私が個人的に先生の病院まで行って研修した内容がわかりやすく書いてあります。

医師でも十分読みごたえがあります。

すでに忘れていたことも。

目からうろこの話もありますが、本当の話ばかりです。

是非買って読んでいただきたいです。

 

20170113_1567395.png