img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

岐阜市の漢方外来状況

先週末は、今年1回目の岐阜市の漢方外来でした。

ありがたく多くの方が来院されました。

冷えに伴う痛み、加齢に伴う痛みの相談が多かったです。

冷えに関しては、手足が冷える方が一番多く、次は腰、背中と続きます。

一連の冷えの症状だなと思われるケースもありますが、冷える箇所によって使う漢方薬が異なってきます。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)を使う方が一番多かったです。

月経がらみで冷える、おなかが痛い、むくむという方は当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。

腰から下が冷えるのは苓姜朮甘湯(りょうきょうじゅつかんとう)です。

苓桂朮甘湯(りょけいじゅつかんとう)とお間違いのないように。

冷えて、手が荒れる、唇がカサカサなら温経湯(うんけいとう)です。

加齢に伴う冷えは、八味地黄丸(はちみじおうがん)、牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)です。

これにブシ末を追加することも多いです。

 

20200417_2093160.jpg

今日は岐阜市で漢方外来やります

普段は瑞穂市のなかしまこどもクリニックにいますが、今日は岐阜市で漢方外来をやります。

今年の第1回目になります。

もう3年くらい経つのでしょうか。

ありがたく継続して外来をやっています。

場所は、岐阜市の中島小児科で14時から17時半までやります。

ここは私の実家です。

88歳の父がまだ現役で小児科を開業しています。

そこの外来を使って、月に2回不定期に漢方外来をやっています。

おかげさまで常連さんもできまして、楽しく話をしながら外来をやっています。

来月からは電子カルテを導入します(既に設置済み)。

現在予約をとっていません。

午後4時以降はヒマになることが多いです。

この外来はすべて『院外処方箋』となりますが、夜遅くまで処方箋を受け付けてくれる薬局も紹介します。

土曜日の午後に処方箋を受け付けてくれる薬局は少ないですからね。

今日も楽しく外来をやりましょう。

気楽に利用してください。

 

20210115_2161576.jpg

院長の小窓更新しました

なかしまこどもクリニックのホームページにある「院長の小窓」を更新します。

今回は、大黄牡丹皮湯(だいおうぼたんぴとう)と白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)の2つの漢方薬をアップです。

1つの漢方薬で、あれこれと2つ以上の使い方をするために参考となるであろう情報を勝手に書いています。

動画は送りが早い(情報量の割に)ので、画面左下に停止ボタンがあるので、カーソルをそこに合わせていただいて、静止しつつゆっくり画面を眺めていただけるとありがたいです。

葛根湯から始まって、ここまで来ました。

まだまだ続きます。

 

33392401.thm.jpg

今週の漢方外来

今週は火曜日、木曜日に漢方外来がありました。

赤ちゃんの夜泣きから、高齢の方の冷え、足腰の痛みまだ幅広い相談がありました。

ここ3週間前からの低気温、空気の乾燥の影響で、体調を崩す方が多かったです。

それでも発熱までには至らない、それはスゴイことです。

それ以外は、更年期障害、便秘、肩・首の痛みなどが目立ちました。

コロナの影響で相変わらず「心」の相談は続いています。

お子さん、大人とも専門医へ紹介をしています。

軽症の方でうちで対応できるものは漢方薬、新薬を使いながらフォローしています。

生きにくい世の中ですが、淡々と目の前にあるやるべき課題を1つ1つこなしていくと良いかも、です。

 

109490935.thm.jpg

それでも漢方薬を飲む

今までずっと漢方薬を飲んで来ましたが、いつやめていいですか?と聞かれます。

調子が良ければ、やめてもらって結構です、と答えます。

漢方薬の内服中止、特に慢性疾患は止め時がわかりません。

内服を中止しても症状が落ち着いていれば、心が安定していれば良いのではないかと思っています。

いちいち相談に来る人の方が珍しく、自己判断で勝手に止めている人がほとんどです。

後で話を伺うと、@困っていた症状がなくなった(消えた)、A軽くなった、B飲もうとしてもノドを通らない、C味がまずくなったから飲めない、と言われます。

@、Aは理解できますね。

B、Cはどうなの?

漢方あるある、ですが、「調子が良くなると漢方薬の味が変わったり、ノドに入れようとしてもゲーッと吐いてしまう」ことが実際多くあります。

お子さんたちもそう言います。

もうカラダが漢方薬を欲していないとしか思えない(笑)。

こういうときは無理せず内服中止です。

また困ったときにはすんなり飲めます。

 

OAS@.jpg