img_info_kanpo-gairai5.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

夏カゼ

外来には発熱のお子さんが来ています。

コロナはゼロではないですが、ほぼ見られません。

RS、アデノ、エンテロウイルスのカゼが2年半ぶりに見られています。

対症療法で経過をみても、3日間で解熱するものがほとんどです。

RSは1歳前後、1歳未満が感染すると気管支炎を起こして入院になるケースが多いです。

最近は夏に流行していますからね。

ごく初期の段階で小青竜湯(しょうせいりゅとう)を飲ませると軽快するという先生もいますが、軽症ならこれで良いです。

中等症以上は、西洋医学的は対症療法、漢方でもなかなかうまくいかないことが多くて困ります。

アデノも同様です。

発熱初期に麻黄湯(まおうとう)を使っても一発で解熱する確率はエンテロより低い印象です。

対症療法よりは良いので、麻黄湯→小柴胡湯加桔梗石膏(しょうさいことうかききょうせっこう)を使う機会が多いです。

顔面のほてり、口渇があれば、白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)を使う機会もあります。

エンテロは、手足口病、ヘルパンギーナの原因ウイルスですが、麻黄湯が有効な印象があります。

発熱、無汗、元気がまだある、こういう条件なら寝ている時間を除いて、2時間おきに6回は飲んでみます。

条件が合うと3回以内に解熱することもあります。

6回飲んで解熱しないときは柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)などの柴胡剤に変更します。

 

U00037399570_10_002.jpg

神経過敏なお子さん

深刻な表情でお子さんが来院です。

お母さんも暗い表情です。

「頭痛が治りません」

イヤイヤ、10年近くも治らない頭痛をどうしろと言うのですか?

起立性低血圧があり、近医で内服薬をもらって飲んでいたが、全く効かなかったと。

あれこれと訴えが続きます。

2年前から、特に症状が悪化して、鎮痛剤を飲んでも全く頭痛が治りませんと。

内科、小児科、脳外科も受診済みです。

明らかな器質的異常が見つかりませんでした。

あるとするならば、神経過敏な体質ですかね、とお話をしました。

そこから、2人の目つきが変わりました。

「それを治す漢方薬ならありますけど、効くかどうかは飲んでみないと分かりません」

「是非、飲んでみたい」と。

漢方的には、よくある話なんですけどね。

検査で異常がないと「正常」と言うのが西洋医学的な表現です。

漢方的には、「そういうお子さんもいるよね」と、検査で異常が出ない、困っているお子さんに手を差し伸べることができます。

実際、漢方薬が飲めるのか?どこまで有効なのか?は、分かりません。

ただ簡単に、「手がありませんね」と言わないところが漢方の良いところです。

2週間後、4週間後どうなりますか?

楽しみです。

 

110147963.thm.jpg

夏だけど冷やさない作戦で

昨日の漢方外来に、夏だけど冷やさない作戦でいきましょう!という方が数人おられました。

30代男性です。

元気もあり、お仕事もバリバリやっています。

朝水分を摂ってから歩いて、電車に乗った直後から、おなかが冷えてグルグルします。

会社に着くや否やトイレに駆け込みます。

ビチビチ、ブチブチの軟便が出ます。

腹痛はなく、吐き気もありません。

過敏性腸症候群が主というよりも、冷えが原因かなと思われました。

そこで、胃腸を温め、元気を出していこうという作戦に出ました。

先月から人参湯(にんじんとう)を開始しました。

「どうですか?」

「人参湯を飲んでいる間は、ずっとおなかの調子は良かったです。先週薬が切れたので飲まずに様子をみたら、やはり便が緩くなって困りました

と、いうことは、腸管を温めた方が良いということが分かりました。

夏場でめちゃくちゃ暑いとはいえ、おなかは冷やさないように養生することにしました。

 

U00037399570_9_002.jpg

血と水が同時に不足する

微小循環障がいで、血の巡りが悪い、血が足らない(漢方的な表現でわかりにくいですよね)がある人。

こういう状態を改善するには、四物(しもつとう)という漢方薬が含まれる漢方薬を使うといいよ、となっています。

四物湯は単独で使用することは少なく、いろいろな漢方薬の中に四物湯そのものだったり、一部が含まれている漢方薬として使用する機会が多いです。

血の巡りが悪い上に、水も不足したらどうしましょう?

そういうときは、滋陰至宝湯(じいんしほうとう)、滋陰降火湯(じいんこうかとう)を用います。

滋陰至宝湯は、加味逍遙散(かみしょうようさん)のデラックス版みたいなところがあります。

ノドの所見でノドがカサカサ、皮膚もカサカサ、さらに更年期障害にも有効です。

これに似た処方で、味麦益気湯(みばくえっきとう)があります。

補中益気湯(ほちゅうえっきとう)+五味子+麦門冬です。

滋陰降火湯は、麦門冬湯でカバーしきれない渇きを潤します。

滋陰至宝湯、滋陰降火湯は基本的に高齢者に使う機会が多いです。

お子さんには、ほぼ使いません。

 

20220629_2277459.png

胃腸虚弱の人に

梅雨明けしました。

メチャクチャ暑いです、朝から。

もともと胃腸虚弱の人は、朝から食欲がない、だるい、元気が出ないと訴えます。

水分は摂れても食べられない、という高齢の方が時々来院されます。

言うほど水分が摂れていないいない場合は点滴もします。

食べられない人は、胃に限りで言えば、六君子湯(りっくんしとう)を試します。

飲みやすい漢方薬です。

食べたものをしっかり胃底部で受け止めて、粥状にこなしてから幽門方向へ食物を流してくれます。

食欲増進ホルモンも出ます。

消化管の運動亢進も行います。

西洋薬の胃薬と併用で飲んでも大丈夫です。

人間食べないと元気が出ません。

点滴で高カロリー入れるより、口から少量でも食べた方が元気になります。

バーベキューなどで脂っこいものを食べるともたれる方も使えます。

元気に参りましょう!

 

machine-top.jpg