img_info_kanpo-gairail2.png

漢方薬を治療に取り入れてまだ10年程度の駆け出しです。

日常診療で漢方を使う場面は数多くあります。

西洋医学が得意な分野はお任せして、西洋医学の治療でうまくいかないところ、漢方が得意なところに使っていきます(両者併用もあります)。

このホームページでは、なるべく専門用語や難しい言葉を使わないようにして、明日からすぐ飲んでみたくなる漢方薬の情報などを載せていきたいと思います。 

 漢方治療を始めてよかったこと 

 

1 西洋医学の行き詰まりを感じた時に、治療できること

2 全国の漢方を扱う先生と出会えたこと

3 漢方治療で治療経過がうまくいくと必ず喜ばれること

4 患者さんのカラダに触れる機会が増えて、コミュニケーションが良くとれるようになったこと(腹診、触診など)

5 患者さんがいろいろ教えてくれること(漢方薬を飲んでどうなったか、を本人、保護者が熱心に語ってくれる、こうしたら良くなったとかも教えてくれる)

6 合えばすぐ効く!ということ

7 患者さんが余計な抗生剤を飲まなくてすむようになったこと

まだまだ漢方の道では、駆け出しですが前向きに考えて進みます。

 

五積散とクーラー病

スーパー、デパート、ショッピングモールには冷房が入るようになりました。

会社のオフィスでもエアコンが作動しています(先日市役所での会議でもエアコンが入って涼しかった)。

と、なればクーラーの冷たい風に当たって、「クーラー病」になる方が増えてきます。

ここ2ヶ月は冷え用の漢方薬を1回中止できたのにー、という感じです。

五積散(ごしゃくさん)という漢方薬があります。

これは、なかなか面白い漢方薬です。

上半身はのぼせるが、下半身が冷える、という人に使えます。

1人の人間の上下でのぼせと冷えが同時に存在するわけです。

冷えて頭痛、四肢のしびれ、筋肉痛(特に下半身や大腿内側)にも有効です。

五積散は、冷たい物を食べたり飲んだりして寒気、発熱、頭痛、関節痛、鼻汁が出たときにも使えます。

更年期障がいにもよく使います。

夏には、意識して一度飲んでみると結構ありがたいかも。

 

109521927_thm.jpg

 

セカンドオピニオン

うちは、よく相談を受けます。

「耳鼻科で中耳炎の治療を受けています。咳、鼻水も出るので一緒に薬をもらっていますが、ちっとも治りません」

「熱が高い、ノドが赤いからカゼと言われ、抗生剤を5日間飲んでいますが、熱が上がったり下がったりして治りません」

こういうケースはしょっちゅうです。

まず大切なのは、診断名は何か?これには、この薬を出しますが、どう効くか?などは最低限必要でしょう。

別に漢方薬がすべてとは言いません。

西洋薬ならここまではいけます、という説明がないと、患者さんは、一生懸命薬を飲んでいるのに、なぜ、治らないんだろう?と思っています。

私が悪いんだろうか、とまで考えている方もおられます。

そうではなくて、この薬はここまでが限界です、という説明があれば腑に落ちます。

医師が説明するか、薬に関しては薬剤師がしっかり説明するかは、医療機関によって違うでしょうね。

うちでは、私が主にやっています(爆)。

こういう思いで、この薬を出していますと、熱を込めて説明しています。

よほどのことがない限り、薬でトラブルはありません。

効かなかったというのはありますよ。

何の薬だったかは、理解してもらっていると思います。

漢方薬は、御希望で処方しています。

別に漢方薬はいらないわ、という方には西洋薬のみで処方しています。

上手に薬を使って、自分の困った症状が早く、キレイに治ることが最終目的ですから。

ただ、薬出してるー、ではアカンです。

 

33399790_thm.jpg

体調が良くなる、良くなる

39歳男性です。

ゲームソフトを作る仕事をしておられます。

「多汗症」で困ってる、中学生の頃から症状があり、最近汗が増えてきた、緊張でも汗をかく

22時頃に帰宅するハードワーカーで、肌の色が黒っぽく、顔色が悪い、元気もありません。

頭痛、、目が疲れる、口の中がねばつく、渇く、ノドがひりひりする、、おなかが張り、、おならが多く、食後眠くなる、胸がドキドキ、憂鬱、不安、イライラがある、ざ瘡が目立つ。

おなかが硬く張っており、腹直筋が縦に2本ピンと張っています。

みぞおちが強く張ってり、抑えると非常に痛がります。

肋骨下端も硬く張っています。

相当ストレスがらみの生活を送っているんだろうと考え四逆散(しぎゃくさん)、疲れ、汗が多いため補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を処方しました。

2週間後再診。

「漢方薬は飲めました。四逆散でイライラが少し緩和しました。」

さらに5週間後再診。

「調子いい、きっちり飲んでいます。」

今度は自分で要望を言われました。

「顔のニキビを治したいので、清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)を飲んでみたいです」

補中益気湯を中止して、四逆散と清上防風湯を開始。

何と1ヶ月後にざ瘡(ニキビ)が軽快!

今度は、肌をもう少しキレイにしたいので、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)とお通じを良くしたので、大承気湯(だいじょうきとう)を飲んでみたいと。

よく調べています、もともとIQが高い人なのでしょうね。

この組み合わせを2ヶ月飲んだら、お通じも良くなり、肌が白くなってきました!

こちらがビックリです。

健診で中性脂肪が非常に高いことを指摘され、糖質制限をしながら漢方薬を続けたら、非常にうまく行っています。

2ヶ月後に採血をして改善が見られてるか確認します。

漢方薬の様々なバリエーションを上手に利用しておられます。

 

26323409_thm.jpg

漢方好きなあなたに

いつもこの漢方ブログを見ていただいて、ありがとうございます。

なかしまこどもクリニックのホームページには、毎日、@健康に関する記事、A院長のひとりごと、の2つをあげています。

@の内容は、漢方ばかりではありません。

小児科、内科に関するものなど雑多な内容です。

漢方好きなあなたは、「クリニック通信」というバナーがありますので、そこをチェックしてみてください。

毎月、月初めに150部だけ作っている小冊子です。

そこにも漢方の記事が載っています。

通信には、要点だけをギュッと絞り込んだ内容が載せてあります。

来月には、「漢方ファン」という小児、大人の症例を1例ずつ載せた小冊子を出します(もう出来上がっていますが)。

来月頭にブログの抜粋と一緒に外来で150部配ります。

毎月通信とブログの抜粋を配っていますが、来月はファンとブログの抜粋となります。

「漢方ファン」は今回が創刊号で、3-4ヶ月に1回季刊誌のように作ります。

ファンの内容は、なかしまこどもクリニックのHPに内容をアップしますので、遠方の方も御覧いただけます。

「漢方ファン」は、ペラペラですが、回数を重ねて1つにまとめれば、症例集として本になるかな、なんて考えています。

まずは、来月の上旬の「漢方ファン」の内容を見てくださいね。

 

20160426_1411842.jpg

皮膚の漢方薬

皮膚のトラブルで漢方薬を飲んでおられる方がいます。

慢性湿疹、全身の乾燥肌、アトピー性皮膚炎などの皮膚が赤く炎症を起こし、かゆみが強かったので、熱を取って冷ます漢方薬を使ってきました。

暑くなってきていますが、皮膚の発赤は軽快し、むしろ皮膚が乾燥してきています。

こういう状態のなったのに、熱を取る、冷ますシリーズを飲み続けると、今度は調子が悪くなってきます。

一旦内服薬を中止して、現在の皮膚の状態に合う漢方薬に変更が必要になります。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)で皮膚の赤みは減ったけど、カサカサが目立ってきたので桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)に変更するとか作戦を実行です。

ダラダラと同じ漢方薬を飲んでいては、うまくいかない時と判断したら、サッと路線を変更する勇気も必要です。

カゼの漢方薬なども、最初は鼻水がタラタラと流れ出ていたのに、1週間もしたら鼻の奥で詰まって困っていますとなれば漢方薬を変更します。

そのあたりは臨機応変でいかないといけません。

結婚が決まったので来年までに皮膚を何とか治したい!という切実な訴えもあります。

できることは協力致します。

 

19286809_thm.jpg